にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

トーア・ヘナーレ

その差は残酷、ヘナーレに求められるのは変革か【NEW JAPAN CUP 2021 2021/03/10 第6試合感想】

NEW JAPAN CUP 2021 2021年3月10日 京都・三段池公園総合体育館 全試合ついに、ついに来たぜヘナーレメイン……去年だったら石井との大一番だったが、それが流れに流れて同郷のジェイと闘うことになるとは面白い話。しかしそのジェイは年齢もプロレス歴も同じ…

ヘナーレ、ワト、オーカーン……吠える次世代は来年に何を残すか

ワトさんとヘナーレの歯車が一気に動いたな!?格上相手に3カウントを取れたという事実は大きい!今年はこれまでの概念が崩される予兆を感じさせる年だと思っていたが、彼らの勝利によってさらに新日本は新たなステージに向かっていると確信。こんなことされ…

ヘナーレの意地と棚橋の膝【WORLD TAG LEAGUE 2020 2020/11/16 第6試合感想】

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27 2020年11月16日 石川・小松市末広体育館(義経アリーナ) 全試合前回は同時に開催していたが、今回からしばらくはタッグリーグとBOSJを別々にやっていくようだ。G1のブロック分けとは違い基本の試合形式が…

にわかでも分かる新日本レスラー紹介『トーア・ヘナーレ』

トーア・ヘナーレはどういうレスラーなのか 闘将の名に恥じぬアグレッシブファイター マオリ族をご存じだろうか。ポリネシアにルーツを持ち、生まれながらに筋肉が育ちやすい遺伝子を持つ(らしい)ニュージランドの先住民族。ヘナーレはそんな戦闘民族チッ…

龍魂注入!ヘナーレへ送るフルコース【WORLD TAG LEAGUE 2019 2019/11/28 第5試合 感想】

やはり鷹木のバチバチは熱い!感情がとても揺さぶられる。以前もヘナーレと鷹木は激突していたが、今回はヘナーレの受けも芸術的になってるおかげか、鷹木の長所がより目立っており互いのレベルの高さが感じられた。特にパンピングボンバーは極上の一打だっ…

ガチムチの中で輝きのヘナーレ【WORLD TAG LEAGUE 2019 2019/11/25 第3試合 感想】

棚橋とヘナーレは素晴らしい肉体を持っている。だがそれはあくまで100kg前後のお話。ガチでムチムチな120kgがヘナーレースに襲いかかる!男の自分もクラクラくるような筋肉香水がモニター越しに伝わってくるぜ!という訳で色々あって間が空いたので直近の感…

【WORLD TAG LEAGUE 2019 2019/11/21 第4試合 感想】

自分の本分はオタクだ。本来はゲームオタクである。そういう訳で最近は暇さえあればポケモンをやっているせいで時間の感覚がおかしくなってる。気に入ったキャラを鍛え、戦法を夢想し、実際に運用し、えへへぇ…。そんなことをしていたら試合が配信されていた…

まだ一歩及ばず!ヘナーレに立ち塞がる壁はまだ高いか【WORLD TAG LEAGUE 2019 2019/11/17 2019/11/18 第3試合 感想】

11月17日この日の相手は憎きパッケージドライバーの貴公子チェーズが相手だ。パッケージドライバーを喰らいすぎてトラウマになると同時に新日本一受けが上手くなってしまったヘナーレ。ここらで一発かまして下克上を果たしてほしかったが…及ばず!ヘナーレの…

ヘナーレースは最高のスタートダッシュを切れたんです!?【WORLD TAG LEAGUE 2019 2019/11/16 第7試合感想】

ザ・ニュー・ヘナーレ!これまで触り心地のよさそうなパンツ一丁で野性味あふれるスタイルだったヘナーレが棚橋に触発されたか、身を包みつつも筋肉を見せつけるマントとスポーティなパンツでイメチェンだ!ハカも気合入ってるよ!相手が真壁本間組という言…

咲くかヘナーレ!?エースとタッグは吉と出ろ!

投票と2冠の件が物議を醸しております。自分的にはすげえレスラーの試合をいっぱい観たい!というメタボ思考なので色んな組み合わせが妄想できる2冠戦は割とアリだ。決まったもんはしょうがない。そんなことよりワールドタッグリーグですよ!

ヘナーレのブレイクポイントはどこだ

トーア・ヘナーレが新日本に来て3年経つようだ。マオリギミックから繰り出されるアツい技の数々、受けも一級品。灼熱のような向上心は見ているだけでも火傷しそうになる。しかし立場としてはヤングライオンの一歩先程度の扱いであり、開花していっている才能…