にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

レビュー

【レビュー】るるぶ 新日本プロレス 公式ガイドブック

るるぶという書籍をご存じだろうか。日本各地の観光地などを網羅した旅行のお供にうってつけのガイドブックだ。そんな一見お堅そうなとこがまさかの新日とコラボ!最近はジョジョとかワンピースとかとコラボしたりして割とフットワークが軽くなってるからこ…

【レビュー】新日学園 内藤哲也物語2

第1巻のレビュー記事から一年ちょい、そしてダヴィンチニュースでの連載が終了して約3ヵ月…とうとう発売されたぜ『内藤哲也物語』の第2巻! どんな本? 前回レビューしたもの同様内藤哲也という男の半生を題材にした漫画だが、第1巻が本隊時代の内藤…つまり…

【レビュー】パパはわるものチャンピオン

本作はヒールレスラーの生き様を子供目線で描いた絵本を原作(に書かれた小説を原作)とする映画だ。プロレス好きならヒールの役割と必要性は理解している訳だが、もし何も知らない子供が椅子振り回したり金的して高笑いしてる様子を見たらどう思うだろう?…

にわかにもオススメな動画はどれだ!?『NJPW Together』を評価

タイトルの通り、プロレス初心者や知らない人にも興味を持ってもらえるかも?という目線でNJPW Togetherの各動画を評価していきたいと思う。ちなみに試合に関しては面白くて当たり前なのでバラエティ形式のものだけピックアップしていく。プロレス沼に引きず…

【プチレビュー】新日本プロレスVR 内藤哲也

妙にバンナムと相性のいい男、内藤哲也ありそうで実は何年か前に実現してたっぽいプロレス×VRのコラボ。間近でレスラーを体感できるVRとプロレスの相性はよさそうなものだが、撮影が難しいのか単に需要がないのかあまり数は多くない。そんな中新日本が繰り出…

配信!新日コレクション!【ファーストインプレッション】

気付けば配信されてた新日公式アプリ。配信前はネガティブなことを書いたが実際はどうなのか?ダウンロードして数時間も経ってないが触り心地をレビューしていこうと思う。 ジェイの笑顔が眩しいまずはメインのカード収集について。このアプリにゲーム要素は…

【レビュー】EVIL ダークネス 魔法陣ライト

一家に一つ闇を置ける時代になりましたそのPVの出オチ感と入場応援の実用性から一躍話題となったEVIL扇風機。今回ようやく実物をゲット出来たので今更ながらレビューしていくぞ。 どんなグッズ?EVIL ダークネス 魔法陣ライト(LEDハンディファン) 価格:2,80…

【レビュー】『G1』日本武道館3連戦 観戦のしおり

【みんなで作ろう!】はじめてプロレスを観る方も安心! 「『G1』日本武道館3連戦 観戦のしおり」を今年もPDFで無料配布!【G129】 | 新日本プロレスリング去年のG1の時はまだテレビやYouTubeで放映されていた分ばかりを見ており、スマホサイトにすら登録し…

【レビュー】Y・T・R!V・T・R!Ⅶ CHAOS結成10周年記念 登別修学旅行

新日本プロレス闘魂SHOPより引用 左下の覆面レスラーはナマハゲ選手かな? とうとう発売された矢野通プロデュースDVD!人生初のプロレスDVDの購入だ。寝る前に視聴を終えたので早速レビューしていこう。ちなみにネタバレは極力避けるので、それ目的の方は回…

【レビュー】棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか

こちらより引用 マッチョのスーツ姿っていいよね 棚橋弘至は新日本プロレスのエースだ。オカダや内藤が台頭し、自身も怪我や年齢に悩まされてるであろう今も、我を通してトップ戦線に食らいついている。逆境を背負うベビーも、年下の旨味を引き出すヒールも…

最近のプロレスのゲームについて【プチレビュー付き】

こちらより引用 PS4版はだいぶ改善されたそうなプロレスのゲームは少ない。そもそもスポーツゲーム自体がゲームの技術の進歩と共に弱者が切り捨てられ、今では一部のタイトルしか生き残っていないのだから当然だが。プロレスとなると、定期的に発売出来てい…

【レビュー】チキチキプロレス大乱闘!!【シングルプレイ】

Nintendo Switch|ダウンロード購入|チキチキプロレス大乱闘!!メーカー:ポケット 機種:Switch(DLソフト) ジャンル:プロレス/パーティゲーム 発売日:2019/06/27 価格(税込):1500円本ゲームはNintendo Switchで配信されている、ボクセルプロレスゲー…

【レビュー】新日学園 内藤哲也物語

内藤哲也という男がいる。 新日本屈指のクレーマー制御不能な男として我流を貫き、独特な情報発信能力で観客の心を鷲掴みにしている。しかし内藤は初めからこうだった訳ではない。様々な挫折を乗り越えた末に今の立場を手に入れたのだ。 そんな男のプロレス…