にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

KENTAは「何」なのか?これまでのG1を見て思うこと

G1におけるKENTAの存在が騒がれている。

申し訳ないが過去のKENTAを存じ上げないので、ここから語る内容は全てG1に限ったKENTAについてとなる。

盟友柴田同様のバチバチしたプロレスを武器に新日本へ殴り込みをかけたKENTAだが、どうもその評判はよくない。

技を受けずボコボコにする格闘技スタイルが嫌われている?

唐突にG1出場をかっさらった外敵への嫌悪感?

どれも違う。いや、理由の1つになりうるものだが、決定的なものではない。

にわかから見たKENTAの問題点、それは全てが中途半端なことだと思う。


タイミングの悪さ

一線を離れた現在でも影響力の強い柴田。そんな彼に背中を押され新日本に喧嘩を売りに来たKENTAだが、まずタイミングが悪かった。

同じブランドを持ち同じ外様であるモクスリーの存在だ。

早々に暴力スタイルを新日本に馴染ませたモクスリーに対し、KENTAはどこか柴田クローンのイメージが抜けない。

ファイトスタイルが被ること自体は全く問題ないし、そもそも柴田が送り出したのだから当然と言えば言えば当然だ。

だが見るからにプロレスを楽しんでいるモクスリーと、気張りすぎているのか動きが硬く見えるKENTA、どちらを応援する気になるだろう?

さらに後藤の打倒ジェイへの道に柴田が関わっているのも不運だ。

生え抜きかつ友人の逆転ストーリーをぶつけられたら、KENTAの背中に見える柴田が薄くなってしまい、異物感だけが強調されてしまう。


ヒールでも、ベビーでも、格闘家でも、

KENTAの技と発言を見るに、彼はヒール寄りのプロレスラーだと思う。

しかし飯伏や棚橋にはスポーツマンシップをアピールしてみたり、かと思いきや観客をいじるおちゃらけたおじさんの姿を見せる。

「おっ、実は面白い人なのかな?」と思わせたところでEVILに対しては格上として振舞ってみたりと、まさに「迷子」だ。

これがシリーズ途中なら積み重ねの1つとして受け入れることが出来るがここはG1、上半期の積み重ねを各々が爆発させる大舞台なのだ。

KENTAというレスラーを観客に刻み込もうとしているのは凄く分かる。しかしあまりに時間が足りなすぎる。

外敵としての迫力も、これまでのプロレス人生も、新日本におけるKENTAの姿が分からない。


意味のある勝利

試合内容も淡々とし過ぎている。特にアーチャー戦はSHOとYOHがめっちゃテンパってるのを見た時くらい大丈夫かと不安になった。

もはや触るだけでもダメージあるんじゃないかと思わせる大覚醒アーチャー。

そんなアーチャーをどうやって攻略するかがAブロックの1つのテーマとなっている。

そこでKENTAは足から潰し、関節技で仕留めるという理想的ジャイアントキリングで倒した。

が、倒しただけなのだ。

そりゃバチバチスタイルの外様なんだから新日本のドラマなんて知ったことではないしそれでいいじゃんという思いもある。

だが棚橋や飯伏をボコボコにするのとは訳が違う。

明らかに勝てそうもない相手に真正面から挑んでの勝利はもう驚きではない、恐怖だ。

リアル路線の格闘漫画に突然ドラゴンボールの悟空がややキレ気味で登場するようなものだ。ファイトスタイル以前に存在が怖い。


これもプロレス

と、ここまでKENTAへの文句になってしまったが、彼への期待はとても大きい。

だからこそ、もっとこう!そこはこうしたらいいのに!と老婆心が出てしまい、つい批判的な新日本老害と化してしまう。

ああいったプロレスは最近の新日本にはなかったものだ。きっと吸収してプラスになる選手もいると思う。

だからこそ、KENTAにはしがらみのないプロレスを見せて欲しい。

棚橋だオカダだと言えなくなるような、熱いアツいプロレスを。