にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

今年度プロレス初心者にこそ見てほしい試合No.1が決定しました【G1 CLIMAX 29 2019/8/11 第8試合 感想】

ごちゃごちゃ言わんと、この試合を見たらええんや!

プロレスというのは『百聞は一見に如かず』の典型だ。

しかし前情報なしに「これ見て!」と進めてもその試合に至るまでの背景や何やらを知らないと「この人たちは何でこんな闘いをしてるの?」と疑問を持たれる可能性がある。

だがこの試合、飯伏とジェイの試合はそんなもん抜きに全ての感情を乗っけて観戦できる最高のプロレスだった!


対立軸

後光が差すようなテーマソングの飯伏と不穏な予兆を感じさせるジェイのテーマソング。この2曲の激突はそれだけで飯伏とジェイの関係性を表現している。

さらに1人で後光を背負う飯伏に対し、ジェイはどう見てもパリピのギャングファミリーとしか思えない連中を引き連れてきていた。

どう見ても孤高のヒーローvs悪の軍団の頂上決戦だ。このシチュエーションに燃えない奴はいない!だろ!

また試合内容もジェイはとても憎たらしい攻めで飯伏の左足を痛めつける。

もちろん相手の弱点を攻めるというのは世界では当たり前のことではあるんだが、ジェイは差し込むタイミングが非常に上手い。

これから飯伏の反撃だ!というところで左足を攻撃し勢いをくじく憎たらしさは全力のブーイングを叫びたくなる。

こんなむかつく奴に果たして飯伏はどう闘うのか?それがこの試合の主軸である。


わかりやすさ

こんな死闘を繰り広げている2人だが、意外と個人間で根深い因縁というものはない。

しかし2人の属性は対極に位置しているのがこの試合だけでもわかるため、どのように感情移入させればいいかが一発でわかるようになっている。

「どっちを応援すればいいかわからない」という格闘技観戦初心者にありがちな悩みも、この試合ならノれる方に声援を送るだけで成立する。

輝きを放つイケメンと、悪の華を咲かすイケメンとどっちが好き?どっちも好きなら2人に声援を送るもよし!


ハッピーエンド

そしてこの試合は飯伏のカミゴェ3連発という、並のヒールよりえげつない技で決着した。

さんざんいたぶられたイケメンが苦難を乗り越え勝利を手にする!皆がほっと胸を撫でおろす結末だ。

他の試合は結構不穏な伏線が張られていたが、少なくともこの頂上決戦に関してはスカッとした終わり方で幕を閉じた。

悪の蹂躙→光の反撃→絶望→大逆転

しっかりした起承転結が心を大きく揺さぶる構成は、プロレスのプの字も知らない人こそ摂取すべきアトモスフィアだ。

あとはどれだけこの試合の存在を拡散できるかだ。この試合は令和プロレスのスタンダードとして語り継ぐ必要があると自分は思う。

飯伏。ジェイ。こんな素晴らしいレスラーがいるプロレスを好きになってよかった。ありがとうございます。