にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

にわかでも分かる新日本レスラー紹介『ジェイ・ホワイト』

ジェイ・ホワイトはどういうレスラーなのか

f:id:niwapuro:20200124164423j:plain
ヒゲがない時もすき

ジェイ・ホワイトはBULLET CLUBのリーダーであり新日本の4強に名を連ねる実力者である。

ニュージーランドから色々あって日本に来たジェイはその愛らしいマスクもあって人気が高かったが、海外遠征から帰ってくるとややサイコなキャラになっておりファンの度肝を抜いた。

その後CHAOSに加入したが、当時ほぼベビーユニットになりつつあったCHAOSの中でもぶっちぎりなヒールムーブで不穏な空気を漂わせ、YOSHI-HASHIの日2019年10月8日に外道と共にCHAOSを裏切る。

その後はBULLET CLUBのリーダーに相応しい傲慢不遜さを身につけ、KENTAを除くと現在の新日本で最も悪の華を咲かせている男となった。

愛されヒール化してしまう選手が多い中、全力のブーイングを稼げるジェイは棚橋やオカダらとはまた違った新日本の宝だろう。

どういうプロレスをするのか

とにかく自分が上でそれ以外は下という暴君的思考の元、決して相手に合わせない人を喰ったようなプロレスを行う。

相手が痺れを切らしてきたら、前哨戦などでダメージが蓄積している部位をひたすら責めていく。この緩急の付け方がまた憎たらしい程上手く、ここから逆転だというところでその芽を丁寧に潰してくる。

本来なら見ていてストレスが溜まる行為のはずなのだが、何故かその一連の流れに美しさを感じてしまうことが多い。ネタバレ厳禁の映画の起承転結を情緒溢れる語りで教えられたような、悔しいけど面白いじゃねえかという気分だ。

ただズルくて強いだけではなく、予想外の出来事にはやり過ぎなレベルの小物ムーブで慌てたりするのもポイントだ。ジェイはそれを弱点とし敢えて晒すことで観客に完全な無敵ではないことをアピールし、試合に対する感情の振り幅を大きくしている。というのは私見です。

ベビーに対する勝ってくれという願い。ヒールには負けてほしいという気持ち。自分達の応援は本当に心の底から出たものなのか?本当は、全てジェイの掌で転がされた結果ではないのか?罪作りな男だ。


ジェイを他のキャラで例えると?

ばいきんまんそれいけ!アンパンマン

魅力を一言で表すと何?

引用元
ジェイ・ホワイト | 新日本プロレスリング