にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

どうなる上村争奪戦!お説教とアイスクリームの狭間に

f:id:niwapuro:20200206223448j:plain
次世代のドロップキックマスターか

ヤングライオンの上村はただ今伸び盛り真っ最中、次回BOSJの参戦も確実だと予想されている。

新人が根付かないせいでまだ修行中の身であるためなかなか白星に恵まれていないが、そのポテンシャルは多くの選手の目に留まっている。

その中でも特にアクションを起こしているが石森。テレビ出演時の弄りをしつつ結構いい値段のアイスを送ったり、チャンピオンクラスの身でありながら喜んで上村とのシングルを引き受けたりとヒールらしからぬ甘々な対応が目立つ。


このまま甘言に誘われてバレクラ行き不可避かと思いきや、それに待ったをかける男が現れた。タイガーマスクである。

本隊ジュニア重鎮として悪の道に走りそうな若手を放っておけないのだろう、厳しい言葉を投げかけ若獅子の本分を思い出させようとしている。

…のだが、どうにも檄の飛ばし方が昭和というか、具体的な中身も無しにとりあえず叱るというのはこの時代にこんなの見せて大丈夫なの?と思ってしまった。次の日真壁が厳しくも暖かい言葉をかけてるから尚更際立つ。

実際ブチ切れられて当然な危ないミスをしたのかもしれないし、老害ムーブで反骨精神を植え付けようとしているのかもしれない。

ヤングライオンは技術だけではなく精神面も鍛えるものなのでこういった根性論で心を引き締めるのも仕事なのかもしれないし、飛んだり跳ねたり蹴ったり殴られたりしながら怪我せず自身をアピールしなければならないプロレスの異常で魅力的な世界に身を置くならば、多少の理不尽は飲み込める人間でなければ務まらないだろう。

だが本隊に若手が少ない理由の一端が見えてしまったようで少し悲しい。他の理由としてはコレ

監督が今日の日記でも触れていたが、ただでさえ本隊は平均年齢が上がっているのに海外帰りの若手達は皆別のチームに散ってしまい、しかも伸び伸び才能を発揮させているので本隊に勧誘できそうもない。

タイガーマスクの怒りはそういった焦りの表れか。もちろんバクステのアレを本気でやっているとは思っていないが、4代目はあの初代タイガーマスクの直系なので相当厳しいのは確かだろう。

歴史の詰まったムチと黒くて刺激的な甘いアメ。果たして上村はどちらを選ぶのか。上村には物語を動かせるだけの才能があるだけにこれからも要注目だ。自分ならCHAOS加入だな。



引用元
石森太二 (@taiji_ishimori) | Twitter
Road to THE NEW BEGINNING – 東京・後楽園ホール 2020/2/4 | 新日本プロレスリング
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』#17