にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

にわかが後世に語り継ぎたい激闘はオスプレイ vs BUSHI

プロレスが好きになった以上、必ず心の中にベストバウトというのが各々にある。

プロレスを観るキッカケになる試合だったり、ベルトの懸かった試合だったり。

今回は自分にとっての激闘、ベストバウトをこの動画をパクった感じで語りたい。

その試合がこれ。

2019年11月3日 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 ウィル・オスプレイ VS BUSHI

ヒロムが復帰したインパクトでやや影が薄くなってしまったが、この試合は何度観ても心が震える。

以前も試合感想として語ったことあるが、酔っ払いのごとく何度語っても飽きを知らない素晴らしい試合だ。だから改めて語る。

BUSHIという選手

この試合をしっかり噛み締めるにはまず両選手がこの試合までどういう道を歩んだかを軽くおさらいする必要がある。

今のBUSHIは他の5人に比べるとタッグパートナーのサポートに回ることが多く、ロスインゴのお母さんとも呼ばれる献身的な働きが目立つ。

一昔前はライバルKUSHIDAと激しく争いあっていたが、ヒロムがジュニア戦線で頭角を現すとそれに合わせるかのように前へ出るのを控え始めた。

元々首と腰に古傷があるため、無茶をするよりかはロスインゴをバックアップし全体の底上げと考えたのだろうか。その心は本人のみぞ知る話だが、とにかくBUSHIはシングル戦線から一歩距離を置いた形となった。


オスプレイという選手

オカダが発掘したイギリスの原石であるオスプレイは、昔はその跳躍力による飛び技をサーカスと揶揄されることもあったが、今ではヤングライオン相手でもベストバウトできる化け物とまで評されるほどまで成長している。

鷹木やファンタズモなど喰らいつけるレスラーもいるが、最後のいいとこは必ず持っていく王者の貫禄。そろそろやること無くなってヘビー級に行くのでは?と噂されるほど結局行ったが当時は敵無しの存在だった。

そんなオスプレイにBUSHIが噛みついた。純粋にBUSHIを応援する声も多かったが、「無茶だ」とか「ヒロム復活の布石だろ」とか言う人達もいた。正直自分も不安が無かったと言えば嘘になる。

とにかく、BUSHIの挑発を発端に燃え上がった因縁の決着の舞台として用意されたのがこの試合だ。

BUSHIの輝き

この時のオスプレイはキレていた。普段もやや情緒不安定だが、タッグリーグ中BUSHIに介入された怒りで爆発寸前。

対するBUSHIはいつも通り飄々としているように見えて、オスプレイの怒気を感じ取ったか気が引き締まっているようだった。

普段のテイストからズレた2人が向かい合う新鮮さ。きっと何かが起こるとワクワクする。するよね?

試合は王者オスプレイをいかにBUSHIが攻略するかというところに主眼が置かれた。特に一発逆転の切り札となる毒霧をどのタイミングで吹き出すか、皆固唾を呑んで見守っていた。

だがオスプレイは毒霧が噴射される寸前に熱いベソで毒霧を奪い吹き返すという荒業を見せる。気が狂ったかのような笑顔を見せるオスプレイ。これだけでもベストバウト級だが試合はまだ終わらない。

こういった噴射系の反則技が決まると一気に試合が終わりがちだが、BUSHIは海野レフェリーを生贄にオスカッターを防ぐことで一旦流れを断ち切り、我を忘れつつあったオスプレイに2度目の毒霧噴射!

コンディションをイーブンに戻したBUSHIがこれまで劣勢だった分を取り戻すべく反撃を開始。だが、蓄積されたダメージや古傷に身体が悲鳴を上げているのが見ていてわかった。

反則どころか敵対ユニットの片棒を担ぐような真似までして手に入れた挑戦権への想いと覚悟は本物だ。復活の気配を見せるヒロムやヘビーに匹敵するオスプレイのプレッシャーを跳ねのけ、最高のMXを放つ…が、オスプレイは更に上を行った。

オスカッターからのストームブレイカー。既に満身創痍だったBUSHIに返す気力はなかった。

及ばなかったのはあと一歩?それとも数歩?確実に言えるのは、2人は最高の試合を見せてくれたということだ。

BUSHIとオスプレイのこれまでを知っているという前提がややネックだが、この試合は色んな人に見てほしい。

男の意地がこの試合に凝縮されているから。



引用元
新日本プロレスワールド