にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

ユニオーネの涙!そして終着点はあそこしかない

NJPW Together 2020年5月30日 Tele Pro-Wrestling ユニオーネSPを君はもう見たか!?

かつてミラノコレクションATとタイチが組んでいたタッグ『ユニオーネ』の特集だ。

10年以上前に解散したユニットだが、解説席で2人が絡む機会も増えたのでこの機会に知ってもらおう!という企画意図のようだ。自分のような新規ファンにはありがたい。

普段は解説席でロスインゴとチェーズ贔屓ファンの心情を代弁するかのような熱い解説を展開しているミラノだがリング上の顔は別物だ。

モデルの経験者だけあって入場時の立ち振る舞いもセクシーとかっこよさと危ない人にしか見えない謎のリードが合わさってかっこいい。足もスラっとしてるのでキックや関節がバッチリ決まって見える。

また、横に並ぶタイチも今のを見慣れていると驚きの白さ。いつマイクでミラノを急襲するかとヒヤヒヤしたがそんなことはなく、むしろミラノの引退セレモニーで涙するほど熱い男だ。ここで愛を捨てたから聖帝になったらしいが…。

試合はどれも新日本ジュニアのレベルの高さを知れる素晴らしいものばかりだったが、最後の試合は少しほろ苦かった。

内藤同様目に深刻なダメージを負ったため引退したというのはちらほら語られる話だったが、その影響でミラノに用意されたのは『引退試合』ではなくセコンドとして参加する『引退セレモニー』だ。

約2時間半という短い時間だが濃密にミラノとタイチを感じていた中で突きつけられるどうしようもない事実。あんなに元気とセンスに溢れていた人が何故…と強烈な喪失感に襲われる。

そしてそんなレスラーの最後が因縁のある相手と闘うでも若手に道を譲るでもなく、万感の思いを込めたキック1つで終わってしまったことに納得がいかない。

本人や周りが納得してるんだからにわかファンの戯言なんてやめろと言われても、だ。

しょっちゅう解説で元気にやられるレスラーと交流する姿を見せているので悲しみはないのだが、こんな濃厚に煮詰められた歴史を見せれられたら最後まで見届ける好奇心と野次馬根性義務が発生したも同然だ。

しかしミラノ本人はリングに上がって闘うつもりは一切ないらしい。先日古巣のドラゴンゲートでサプライズでリングインしたものの、復帰を意味するものではないようだ。

新日本だと引退セレモニーを組んでもらってるし解説も頼まれている手前「じゃあ1回だけ復帰します!」とは言えないだろう。

じゃあどこでやる?タカタイチでしょ!


引用元
新日本プロレスワールド
プロレスTODAY | 楽しめるプロレス情報サイト