にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

石井の言葉は激励か餞別か【NEW JAPAN CUP 2020/06/24 第2試合感想】

NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 2020年6月24日 全試合

真壁刀義は限界なのか!?いやそんなはずはない。きっと当たり所が悪かっただけで本質は変わっていないはずなんだ。

そう思っているからこそ過去の発言が心に響く。

石井「物足りねえな。物足りない。今日、それから石川(小松)、名古屋、全員物足りねえ。あいつらよ、ただ試合こなしてるだけなんだ。プラス・アルファがねえんだ。(中略)そのプラス・アルファをよ、出さねえ限り、あいつら全員終わりだ。くだらねえ……」

石井「もうあいつら、俺らと違うとこにいんな。相手にならねえ。まあ2人とも、芸能界で頑張ってくれ」

いつも試合結果PCから見てるけど、これスマホだと有料じゃなかったっけ?

非常に辛辣な言葉!もうヤングライオンからやり直せと言い放っている。

そんなことねーぞ!と反論したいのだが、冒頭に上げた通り昨日の試合は確かに思うところが2つあった…。


首のダメージ

まず1つ。過去に頚椎をやってしまっている真壁は治療だけに専念できる環境でなかったためか、ここ数年首が怪しい…というのを聞いたことがある。

そういう話がある中受けた技がこれ。


コーナーに相手を投げつけるのはよくある光景なのだが、この後真壁は石井に引っ張り上げられても体勢を崩してしまいしばらく立てなくなるほどのダメージを負ってしまう。

受けが失敗したようには見えない。実際しばらくしてバチバチのエルボー合戦を披露できるほど回復はしていたので最悪の事態は回避できているはず。

しかし試合後に見せた苦悶な表情からは、もはや首が激闘に耐えられるものではなくなりつつあるということが伝わってくる。


プラスアルファという引き出し

2つ目。石井と言えば基本はガンガン攻める肉弾戦だが、相手によってはテーブルダイブしたり関節技を使ったり、普段のイメージを逆手に取った技を唐突に出して会場を沸かせている。

対する真壁はあまり最近あまりシングルを組まれていない影響か、新技の類はほぼない。

もちろん既に持ってる技が充分強いので、数ばかり増やしてごちゃごちゃするのを嫌っているんだろうが石井はそうじゃないのだろう。

それは恐らくどんな状況であれ常に上を見て、4強と誉めそやされるレスラーをいつでも食ってやるために自身の研磨を欠かさぬ暮らしを経て辿り着いた答え。

勝てば「そんな小手先の技ばかり必要ねえよ」と言い返せるんだが、今回はお互いの領域でやりあって負けちゃってるしなぁ…。


真壁刀義は終わらないと言える理由

この2つの改善は若手選手なら経験値を積めばいずれ解消されるだろうが、真壁はそろそろ大ベテランの領域。

さらにこれまで負ったダメージの蓄積にプロレスと広報活動による2足の草鞋状態。普通に考えればここからいきなり状況が上向くとは考え難い。

しかし真壁にはまだその可能性が残されていることを石井は端的な言葉で表している!

石井「アレはもうダメだな! 黒パンと黒シューズ用意しとけ!」

そのまま受け取るとお前はヤングライオン程度の存在だという意味になるだろう。

しかし皆さんご存じの通り、真壁が放つ基本的なプロレス技は新日屈指の完成度を誇っている。それはこの試合でも変わっておらず、肌で感じた石井も分かっているはずだ。

そう、プロレスが出来ている人間にプロレスをやり直せというのはちょっと変で、普通なら相手引退を示唆するような発言になるはず。

それなのに石井はやり直しを命令したということはつまり…今持つ技をさらに磨き上げろという激励ではないのだろうか。

練習時間が足りてないぞ。お前の技にもう伸びしろがないと思っているのか。それを一発で改善できる環境があるぞ。再びG1の舞台に立てるよう鍛え直せ。

そんな厳しくもアツい言葉を石井なりにまとめたのがこのバクステコメントだと自分は思う。

自分がそう思ってるだけで、ヤングライオン程度にしか思ってないとマジで考えてるかもしんないけどね…。

だが石井ほどの男があれだけ熱い試合を展開できた相手をそう無下に扱うとは思えない。

再び2人がリングで向かい合い時にこの言葉の答えを知ることができるだろう。



引用元
WORLD TAG LEAGUE 2019 – 石川・小松市末広体育館(義経アリーナ) – 2019.11.25 – 第7試合 30分1本勝負 – 「WORLD TAG LEAGUE 2019」公式戦 | 新日本プロレスリング
WORLD TAG LEAGUE 2019 – 静岡・アクトシティ浜松 – 2019.11.27 – 第2試合 | 新日本プロレスリング
NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 – 2回戦 2020/6/24 – 「NEW JAPAN CUP 2020」2回戦 第2試合 時間無制限1本勝負 | 新日本プロレスリング