にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

闇・王・覚・醒【NEW JAPAN CUP 2020/07/02 第2試合感想】

NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 2020年7月2日 全試合

と、とうとうやっちまった…EVIL様がYOSHI-HASHIの身体とハートを砕きによぉ!?

YOSHI-HASHIは前回BUSHIとの対戦中に足をぐねってしまい最悪のコンディション。入場も棒を杖代わりに歩くのがやっとなほどで、ここまで酷いなら棄権してもいいんじゃないかと心配してしまう。


f:id:niwapuro:20200703113910p:plain
足を痛めたと思われるシーン。右足が変な方向に曲がっているのがわかる。

正直闘う前からこれは負けるだろと思っちゃったがそんな状態にも関わらずベルトへの取っ掛かり、そして後藤の敵討ちを果たすためにYOSHI-HASHIはリングに上がった。

上がったまではよかったんだが…

f:id:niwapuro:20200703122400j:plain

この仕打ち!さすがのジェイでもいきなりここまでやらねーぞ!?

足に決定的なダメージを負ってしまい踏ん張りの利かなくなったYOSHI-HASHIの打撃はEVILに通じず、サソリ固めから無念のレフェリーストップ…試合時間は約2分という超超ハイスパートレスリング。

先日の後藤戦に引き続き、相変わらずオールデストロイ状態のEVIL。ここまで来るとマジで石井に負け過ぎたせいで変わってしまった可能性が高いぞ。

特に痛みをこらえ立ち上がろうとするYOSHI-HASHIを見下す時のゾクゾクするような表情。上辺だけではないピュアな『悪』が毛細血管の先まで染み込んでいる。

最後まで諦めなかったYOSHI-HASHIや彫刻のようなサソリ固めなど短いながらに見所もあるんだが、それどころじゃないEVILの悪辣に心を突き刺されっぱなしだ。

そんなEVIL、次の相手は同じロスインゴのSANADA。もしEVILがSANADA相手にも同じことを続けるようならば、それはきっとイビサナタッグだけの問題ではなくなるだろうね…。

本隊、CHAOS、ロスインゴ。EVILの破壊はどのような想像に繋がるのか。その答えを知るためにも是非今日はEVILに勝利してもらいたい。

なんとかトサン新たにグランドマスターを目指す者も参戦するし、久しぶりに大きなユニット再編の機運がある気がする!



引用元
NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 2020年7月1日 全試合
NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 – 準々決勝戦 2020/7/2 – 「NEW JAPAN CUP 2020」準々決勝戦 第2試合 時間無制限1本勝負 YOSHI-HASHIvsEVIL | 新日本プロレスリング