にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

ヤングライオン凱旋!その名は…マスター・ワト!?【NEW JAPAN CUP 2020/07/03 第2試合…が終わった後の感想】

NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 2020年7月3日 全試合

かつてヤングライオンとして新日本のリングに上がり、その後メキシコへ海外遠征に行っていた川人拓来が帰ってきた!

新たなリングネーム『マスター・ワト』を授かって!!

…なんで『カ』がないの!?湯婆婆に名前取られたの!?

その答えはワトさんのこれまでを追うことで見えてくるかもしれない。なのでWikipediaの力を借りつつワトさんの遍歴を振り返ってみよう。

2016年

1月3日:約9ヶ月の練習生期間を経て、ディファ有明にて開催された大プロレス祭り2016の舞台で小松洋平を相手にデビュー。試合は逆エビ固めでギブアップ負けを喫した。10代でのデビューは新日本では1999年の柴田勝頼以来17年ぶりとなる。以後、同期の金光輝明と共に奮闘。新日本入門前に総合格闘技の経験を持ち、シャープな蹴り技をはじめ、血気盛んなファイトで前座戦線を盛り上げる。

10月23日:Road to POWER STRUGGLE東金大会にてBONE SOLDIERと対戦。この試合で反則勝ちを収め、不本意ながらプロ初勝利を記録した。


懐かしい名前がちらほらあるな…当然だがこの時はヤングライオンなので本名の『川人拓来』で活動しているが、総合格闘技経験の経験は今のカンフーキャラの礎になっていそうだ。というか10代でデビューってすごいな…。

2017年

10月から12月にかけて開催のヤングライオン杯で4勝1敗の準優勝。


2017年少なっ!?まぁヤングライオンなんて余程の怪物じゃない限りそんなもんだろうが…。だが20歳そこいらでこの成績はかなりいいと思う。

2018年

1月22日:後楽園ホール大会で壮行試合が行われ、翌2月より、メキシコCMLLに無期限海外遠征することが決定した。

2月2日:アレナ・メヒコ金曜定期戦における6人タッグマッチでCMLLデビュー。現地でのリングネームは「カワトサン」。


ここでメキシコ遠征。同じくメキシコに行ってた先輩の3Kとヒロムは風神雷神とカマイタチという和の持つ妖しいテイストだったが、いきなり安直分かりやすく自身を伝えるリングネームとなっている。

ちなみに「サン(San)」はスペイン語だと「聖なる」とか「聖職者」を意味する言葉らしく、日本語で言うと「川人聖人」ということになる、のだろうか…。ウルトラマンの宇宙人みたい。

2019年

6月30日:CMLLアレナ・メヒコ大会で行われたCMLL世界スーパーライト級王座決定戦でアウダスに勝利し、第11代王者となった。これが自身初の王座戴冠である。


しっかりベルトを獲るまでに成長!このサクセスストーリーを知ってると、せっかくの晴れ舞台を台無しにしたDOUKIの気持ちがよく分かる。

単身メキシコ各地のインディーで頑張ってるのに、新日本出身というだけでゴロゴロチャンスが舞い込むんだもんね…。そりゃ殴るわ。

2020年

7月3日:開催中の「NEW JAPAN CUP 2020」興行中に放映されていた「グランドマスターを目指す」人物の紹介VTR(前日までは顔は伏せられていた)が川人であることが判明。VTR中で「マスター・ワト」と発表され、本人が登場した。「プロレス界のグランドマスター新日本プロレスの頂点を取りに行きます。」と宣言したところで背後からDOUKIに鉄パイプで殴打され、セコンドの肩を借りて退場するという前代未聞の凱旋帰国となった。


誰だ早速こんなこと書いた奴!

まぁそれはともかくベルトも取ったワトさんがなんでグランドマスターそのものではなく『グランドマスターを目指す者』というめっちゃ引いた立場なのか疑問に思うが、実はその答えになりそうな事件が今年の初めに発生している。
なんと我らがドゥルセ・ガルデニアとの髪切りデスマッチで敗北し、無惨にも丸刈りにされているのだ!

恐らくだが、カワトサンにとってこの敗北は己の慢心を振り返るちょうどいい機会だったのだろう。

どれだけベルトを持とうが大事な時に勝てなくては意味がない。上辺だけのチャンピオンではなく、本当の力を持つチャンピオンに…。

そう、今のワトさんは『力』が足りない。だからマスター・ワトなんだよ!

ちなみにマスターというと日本人は某ガンダムのせいでクソ強い拳法家というイメージを抱きがちだが、ミスターと呼ぶにはまだ若い男性に対する敬称という意味もあるそうなので、ワトさんは多分そっちだろう。

f:id:niwapuro:20200704155712j:plain
色ちょっと被ってますよ。

さっそくライバルポジについたDOUKIとのシングル戦も決定。同じルーツを持ってるので違和感ないし、カンフー(だよね?)とオリジナルジャベのぶつかり合いはかつて夢見た真の異種格闘技戦のようで楽しみだ。

まだまだ若いワトさんの頂点を目指す旅は…来週から始まる!



引用元
川人拓来 - Wikipedia
川人拓来ことカワトサンがCMLLの元旦興行でメインイベントに登場! カベジェラ戦で敗れて丸坊主になる!【1.1 CMLL試合結果】 | 新日本プロレスリング
NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020 – 準決勝戦 2020/7/3 – 第2試合後2 | 新日本プロレスリング