にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

後藤洋央紀がマスター・ワトを疑う理由はなんなのか

皆さんご存じの通りワトさんは天山に導かれ本隊所属となった。

そして本隊はCHAOSと同盟を組んでいるので実質同じユニットと言ってもいい。

ファイトスタイルが似てるとか遠回しに喧嘩売られたということもないので、後藤とワトさんが対立する理由はないはずが上記の通り後藤はワトさんを妙に疑っている。

多分しばらくしたら何事もなく同じコーナーに立ってると思うけどこの後藤の反応は何かの伏線なのか、それを考えていく。


裏切りフラグを感じ取っている説

かつて純朴なヤングライオンに取り憑き今や新日本を揺るがす悪霊の強大さをいち早く感じ取った後藤だが、ワトさんにも何か似たようなものを感じているのかもしれない。

そもそも裏切られ常連の天山がメンターとなって導いているのだからワトさんもそうなるんじゃないかという期待不安は誰しも持っているはず。

力を求める青年が悪い大人にたぶらかされて悪の道に堕ちるというのは王道パターンの1つだし、やたら鈴木軍に喧嘩売ってるのもフラグに見えてくるな…。


まだ挨拶してない説

元々新日本は別ユニットのメンバー同士が交流することはなく、道場を使うときも別ユニットのレスラーがいると時間をずらしたりするほど徹底しているという話を聞いたことがある。

その上今はコロナで3密回避が徹底されているご時世だ、必要以上の接触を避けるためいまだに顔合わせができていない可能性がある。

つまりTwitterのあれは「敵か?味方か?(を早く知りたいので余裕があれば挨拶にきてください)」という奥ゆかしい後輩への要求だったのではないだろうか?

それなら直接DM送ればいいじゃんと言ってはいけない


実は参戦PVも試合も見てなくて本当に敵か味方か知らない説

いくら後藤でもそれはないだろ!と思われるかもしれないが、以前タイチが一部ロスインゴファンのマナーの悪さを指摘した際の絶妙な噛み合わなさを見てると、自分がこれだ!と信じたものに猪突猛進する性格のようだし結構ありえると思うんだよなぁ…。


そろそろTwitterの使い方に慣れてきた説

Twitterは自分の思ったことをなんでも呟く気軽なSNS…というのは遠い昔。

議論に向かない言ったもん勝ちのSNSは広告と欺瞞にまみれ、誰もがその日その日の刺激を求めてタイムラインをうろつくかつての2chを超える無法地帯と化しつつある。

誰だろうと一歩間違えれば汚い野次や味の無い批判を受ける地雷原であるが、その分リターンも割とデカいので有名人や企業はいまだにしがみついている。

そんな中後藤のツイートといえば日常の呟きだったり⇑みたいなちょっと天然なやり取りを繰り広げるほのぼのしたものだったが、この敵か味方か発言は明らかにツッコミ待ちの攻めたツイートだ。しかも2発。

普通に考えれば「本隊だから味方ですよ後藤さん」で済むんだろうが、これまでの実績から「まさか本当に分かっていないのか…?」と思う人が数多く生まれたはず。自分もだが。

2つの意見が生まれたということはもうそれだけでプロレスだ。「そんなはずない」「いや絶対そうだ」そんな意見のぶつかり合いはちょっとのキッカケで大火事となり注目度を高める。

うまく行けば後輩であるワトさんの宣伝になり、失敗しても後藤ならしょうがないで許される。

そう、これはどっちに転んでも美味しい理想的なバズツイートなんだよ!



引用元
後藤 洋央紀 Goto hirooki@510njpw