にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

新日本の新たな血液となるか【Lion's Break Collision エピソード2 2020/07/11 全試合感想】

Lion's Break Collision 2020年7月11日 エピソード2

またまたすっかり見るのが遅くなってたアメリカ限定の新日本物語!

前回はカールがロッキーから3カウント取ってコブと喧嘩したんだっけ…と曖昧な人向けに冒頭は前回のおさらい&コブへのリモートインタビューから開始。

ヤングライオン上がりのカールがロッキーから取るって日本だとワトさんが監督から白星取るくらいの衝撃だぞ…。

その後も暴れに暴れたカールの心境についてケビンとコブがあれこれ語っており、「結果出したくて必死なんじゃないの」という結論になったが果たして。

第1試合 海の向こうの新人とベテラン

どちらも存じ上げないが、ロッキーのインタビューによるとDKCは2年目の新人、テイラーは10何年インディー界を渡り歩いてきた超ベテランレスラーのようだ。

パッと見キャラ被ってね?と思ったが、DKCは若さが熱された油のように跳ね散らかす熱血タイプ、テイラーはベテランらしい余裕ある佇まいで差別化できている。外国人見分けるの苦手。

序盤からDKCは積極的に攻めていくも、やることなすことテイラーに上手く回され不発が続く。丁寧に丁寧に腕を絞り上げるテイラーの表情は全く崩れない。

ひたすらネチネチ細かく攻めるテイラーは新日本ファンからするとザックめいたテクニシャンに見えるが、解説に来ていた柴田視点では自分の好きな事ばかりやりすぎているように感じるそうだ。

終盤ようやく腕攻めを逃れたDKCはシザーズホイップから「DKC!」と自分の名前を叫びドロップキック!そういうバカっぽいのは応援せざるを得ないからやめろ!足を掴んでの投げ技もキレイに炸裂。変型ジャンピングパワーボムって言うらしい。

しかしこれまで腕に蓄積されたダメージはコンディションに響いていたようで、腕をよろしくない方向に固められレフェリーストップ。

テスラーの堂々とした立ち振る舞いは完成度も高いし悪くないんだが、この試合に関しては荒いところもありつつ光るものがあるDKCが魅力的に見えたなぁ。


第2試合

次はお馴染みTJPと、新兵をビシバシシゴいていた元海兵隊鬼軍曹ライムライトが登場!めちゃくちゃ強そうじゃねえか!

しかし試合はTJPのペース。ライムライトはバク転で走ってくる相手を飛び越えたりノータッチでトップロープを飛び越えたりと身体能力はあるのだが、変幻自在なTJPの動きについていけずいいとこなし。TJPはライムライトのこと嫌いなんじゃないかと思うくらい相手に隙を与えない攻めが続く。

エプロンからのフェイント攻撃でライムライトのターンが回ってくるも、ロープを使った攻撃にこだわったせいかあっさりTJPに捕まり3カウント。

ロッキーのインタビューではライムライトは関節技も得意としているとあったが今回はうまく披露できず…相手が悪いというのもあるんだろうが。

そりゃド新人なんだから当然の結果なんだろうが、あらゆる面でライムライトの上を行くTJPの鼻っ柱を折るようなアツい一撃が欲しかったところだ。


今回も2試合だけのコンパクトな興行だったが、DKC…彼の可能性はいずれ日本上陸を果たしそうな予感がするね。



引用元
【WEBで無料公開!】ロッキー・ロメロに直撃! 『Lion’s Break Collision #2』に登場する“3名の新顔””! ラスト・テイラー、THE DKC、ダニー・ライムライトを徹底紹介!(中編) | 新日本プロレスリング
Lion’s Break Collision #2 2020/7/11 – 第1試合 15分1本勝負 | 新日本プロレスリング