にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

USベルト云々より彼らが見れるのが嬉しい【NEW JAPAN CUP 2020 in THE USA 2020/08/08 全試合感想】

NJPW STRONG 2020年8月8日 エピソード1 LEC Presents NEW JAPAN CUP 2020 USA 1回戦

海外版のNJC!最近リングで見かける機会のなかった海外選手が大暴れというなんとも刺激的なシリーズが始まっていたぞ。

とはいえみんながみんなアメリカ在住というわけではないので今回は計8人のミニトーナメント。

果たして自粛期間中に彼らはどのような進化を遂げたのか!?

リニューアルKENTA

まずはカールとKENTA。カールはヤングライオンになる以前はKENTAの技を使っていたそうで、ここで拳を重ねるのは願ってもないチャンスだろう。

で、当のKENTAは…


f:id:niwapuro:20200812155341j:plain


なんか棚橋みたいになってるー!?いやでもバレクラみたいな陽キャ軍団ならこのくらい明るい髪色の方がよかったりするのか。

だが相変わらず敵を潰すことだけを考えているような重みと冷徹さがこもった重い打撃の連続。客がいようといなかろうと悪の華を咲かせることを怠らない。

自粛前はやや悪そうにしていた肩もいい感じだ。荒ぶっているようで的確な動きのKENTAにカールは一方的な試合を許してしまう。パワー押しは悪くなかったんだけどねー。

なんだかんだ言われるがこういうことができる日本人ヒールって強いよな。こんなまだまだヤンチャしたがりの男が素直にEVIL政権を認めるかどうか…帰国(厳密には来日)が楽しみだ。

ガチムチと新たなガチムチ

続いては前回のコリジョンから引き続き参戦のコブと、すっかりタッグの専門家になったのかと思ってたタンガの登場だ。

2人が並んでみると、タンガってこんなにデカかったっけと思ってしまう。さすがに身体の厚みはコブに負けてるが威圧感が半端ない。

そして互いの強みを当然理解している2人はひたすらぶつかり合う!リングの揺れ方やばいぞ!

なんだろ…褐色のガチムチ男共がしばき合うってグッとくるよね…。

だがデカいだけでなく瞬発力にも優れるコブに細かな隙を狙われダメージを蓄積してしまったタンガは最終的にツアー・オブ・ジ・アイランドの餌食となってしまった。

負けてしまったものの、ヒール力とパワーを兼ね備えたタンガの立ち振る舞いはシングル戦線に新たな風を呼び込むだろうという確信が持てたぞ。

親の顔より見たマッチアップ

続いてチェーズとフィンレーという腰回りのお肉がちょっと不安な日本でもちょいちょい見かけた組み合わせだ。非常に安心感がある。

試合も棚橋べた褒めのチェーズが中心となって回していく。確かに細かい反則技や痛みが伝わる技を使うタイミングが自然に感じる。

しかし余力を残していたかフラストレーションを溜めていたか、最終盤でフィンレーが一気に加速!

カウンターからのACID DROPでリングにチェーズの頭を叩きつけて逆転勝利!ジュースだけが顔じゃないぞという気持ちが非常に伝わるスピーディで美しい決着だった。

タマちゃん対大怪獣ブロディ

トレードマークでもあった髭を剃り落とし男前度が増したタマちゃんの前に立つのは約2m130kgの怪物ブロディ。タマちゃんもまあまあデカいはずだがその差は歴然。なんかモータルコンバット味もある。

タマちゃんをオモチャのように振り回し、ドロップキックやボディブローを食らっても一切ひるまない怪獣と化したブロディ。

ダメージが入ったと思っても軽々反撃もこなすチートじみたスタミナもあるとかもうどうやってこいつ倒せばいいんだ頑張れタマちゃん!

だが執拗な首狙いで頭を揺らせたおかげかガンスタンから割とあっさり3カウント。まぁあんなの長々やってたら間違いなく身体ぶっ壊れるだろうし…。


コリジョン同様試合時間は短く感じたが、各レスラーの特色や良さが凝縮されていて見ごたえ抜群。イメチェンしてきた選手も多いので、いつか日本の会場でその変化を生で見れる日が楽しみ。

今回のトーナメントはモクスリーが保持したまんまで宙ぶらりんになりそうだったIWGPUSヘビー救済がメインなのだが、それより足りなかった新日本のピースを埋めてくれる彼らの活躍が見れるだけでも大満足だ。

果たしてUSベルトに挑戦するのは誰なのか?そもそも新日本に持って帰ることはできるのか?遠い異国の地で新日本のプライドが試される。



引用元
https://www.njpw.co.jp/tornament/254794?showResult=1