にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

EVILにとってロスインゴの何が腐っているのかを考える

EVILは古巣に対し「ロスインゴは腐ってる」と言い切った。そりゃ裏切ったんだからそれ相応の嫌なものを見たんだろうが、その詳細についてEVILが語ったことはない。

いったいEVILは何を見て何を知ったのか。ロスインゴの内側に渦巻いてそうな暗黒面を想像してみる。

ロスインゴのベビーフェイス化

内藤はご存じの通り制御不能の存在だ。だがその名声が高まるにつれメディア出演やプライベートに触れる取材が増えていき、自然とその中身が露わになっている。

制御不能の皮を向いたらそこにいるのはプロレス愛にあふれ、面白さを追求する求道者だ。

さらにオカダとのライバルストーリーや激動の2冠劇などが内藤の主人公性を高め、大多数の日本人からすればどう転んでもベビー、悪くてダークヒーロー的立ち位置である。

それは他のメンバーにも言えるが、段々と真っ当な物語を持ち方向性が当初の理念から外れそうなことにEVILは反感を覚えたのかもしれない。

実際当時のEVILを応援していた層はそれをEVILに求めていたように思う。

普段のSANADAが陽キャすぎる

コールドスカルの2つ名でお馴染みSANADA。リングやバクステでは必要以上に語らない寡黙な性格だがそれはリング上での姿。

普段のSANADAはどんな感じかというと…

めっちゃ眩しい笑顔!

リング上とプライベートで性格が異なるなんて当然の話でファンなら気にする必要ないのだが、EVILはそう思わなかったのだろう。

当時のEVILは自身のイメージを損なわぬよう注意した投稿を心掛けており、それを把握しているはずのSANADAが平気で陽キャ投稿を繰り返す様に絶望した可能性がある。キャラ付けミスっただけとか言ってはいけない

鷹木の存在そのもの

鷹木の加入はロスインゴというユニットの存在感を引き上げた。強烈な発信力に滾る漢臭さはそれまでのロスインゴになかったもので、内藤との因縁もあって新日本ファンにはすんなり受け入れられた。

本来ならユニットを率いてもおかしくない逸材が突然内藤の元につき、しかも最初はジュニアヘビーだったはずがいつの間にかヘビーになりG1やNEVER戦線で活躍する…これをEVILが面白く思わないのは当然と言えば当然だろう。

ならば内藤の言ってる通り同門対決をガンガンやって立場を決すればいいじゃんと思うとこだが、それができない=大きな力が働いていると考えるべきだろう。

「新日本はロスインゴを揺るがすリスクより鷹木を推して得られるであろう目先の利益を取った」とEVILは思ったかもしれない。

単なる裏切りではなく反体制勢力のバレクラについたのもそれなら自然な流れだ。

ヒロムの無茶ぶり

「EVILはどの段階でバレクラ入りを決意したか」というのはいまだにファンの間で議論されている。

個人的には前々から離れたい気持ちがあって、自粛中の時に外道から声をかけられ裏切りを決めたと思っている。

そうすると何故ヒロムの動画に出演したのかという謎が残るのだが、これがダメ押しになった可能性はないだろうか。

ヒロムといえば内藤相手にも物怖じしない狂った陽気なキャラクターが持ち味だ。EVILに動画出演を持ち掛けた時、最初は断られたにも関わらず押しに押して出演OKをもぎ取った可能性が高い。

EVILとしては「俺闇の王だしそんな喋ることないよ」と思っただろうにそれを無視して無茶ぶりに近いリモート出演を強行され不満が爆発し…。

一つ間違えればファンへの媚ともとれるヒロムのスタンス、喋りにあまり慣れていない試合で魅せることに集中していたEVILにとっては邪魔だったろう。


…と色々挙げてみたが、正直そんな腐ってるというほどではないよねという結論に至りました。



引用元
seiya_sanada
高橋ヒロム HiromuTakahashi - YouTube