にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

バレクラ入りしたEVILは本当に金的ばかりしているのか

「EVILは金的ばかり」

最近の新日本の試合を観ていてこう思う人は多いだろう。自分もそうだ。

しかしビッグマッチで金的を繰り出してるせいでそんな印象になってるだけで、実際はそうでもないんじゃなかろうか。

なのでそれをハッキリさせるべくバレクラに入った後のEVILの金的事情について調べてみたぞ。


DOMINION in OSAKA-JO HALL 2020年7月12日 (日)

しかし、その隙きを突いてEVILは内藤の股間ストンピング

記念すべきバレクラ正式加入後の一戦。完全アウェー空気の中でぶちかまし股間攻撃にヒートアップした客席は声出し禁止にも関わらず普通に声を出してたぞ。気持ちはわかる。

試合数:1 金的:1


NEW JAPAN ROAD 2020年7月20日 (月)
この日はなし。タッグ戦では出さないのだろうか。

試合数:2 金的:1


SENGOKU LORD in NAGOYA 2020年7月25日 (土)

EVILの急所攻撃もかわし、張り手からラリアットを振り抜き、エプロンサイドの東郷も蹴散らすと、ターンバックルデスバレーボムからTIME BOMBの体勢へ。

ヒロムとの決戦。だがEVILの動きを把握しているヒロムには通用せず、逆に東郷の急所が大変なことに。

試合数:3 金的:2


SUMMER STRUGGLE 2020 2020年7月26日 (日)

一方、EVILは内藤の急所にバックキックを食らわせ、ダークネスフォールズで戦闘不能へ追い込む。

これ以上やると内藤が女の子になっちゃう!

試合数:4 金的:3


SUMMER STRUGGLE 2020年7月27日(月)
この日は石森が主役だったためかなし。

試合数:5 金的:3


SUMMER STRUGGLE 2020年7月29日(水)

すかさず内藤がカットに入ってくるが、これを急所蹴りで排除。

ちょっと気軽に使いすぎじゃないですかね……。

試合数:6 金的:4


SUMMER STRUGGLE 2020年7月31日(金)
この日はなし。内藤の結構シュートっぽいバクステが印象的。

試合数:7 金的:4


SUMMER STRUGGLE 2020年8月7日(金)
この日はなし……だが代わりに外道の急所が二連撃という因果応報を受けることに。

試合数:8 金的:4


SUMMER STRUGGLE 2020年8月9日(日)

そして、東郷に詰め寄ると、背後からEVILが内藤に急所攻撃。

ここまで内藤が受けてると、神宮当日はファールカップ入れて金的対策するフラグに見えてくる。絶対やるよな!?

試合数:9 金的:5


SUMMER STRUGGLE 2020年8月11日(火)

救出に入ってきた内藤もEVILのレフェリーの死角を突いての急所蹴りを食らわされて悶絶。

この頃は金的云々よりレフェリングの質について疑問の声が多数上がってたような気がする。

試合数:10 金的:6


SUMMER STRUGGLE 2020年8月12日(水)
この日は完全にロスインゴの波が来ており出す暇もなく敗北。

試合数:11 金的:6


SUMMER STRUGGLE 2020年8月16日(日)
この日もなし。もしかしてカメラある日だけやってんじゃないだろうな!?

試合数:12 金的:6


……という訳でバレクラEVILの金的回数は6、確率は50%。闇の王じゃなくて金の王だな!

金的は非常に強力かつ流れを大きく変える秘技だが、NJCの頃から乱用したせいで「それをしないとロスインゴには勝てないEVIL」というイメージをこびりつかせてしまっている。

果たして神宮でその汚名を返上することはできるのか!?多分金的返し食らう展開になると思う。



引用元
試合結果 | 新日本プロレスリング