にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

【SUMMER STRUGGLE KOPW 2020 2020/08/26 全試合感想】

SUMMER STRUGGLE 2020 2020年8月26日 東京・後楽園ホール 全試合

賛否両論!ルール投票!2冠戦にまとわりつく瘴気を吹き飛ばすようなバラエティに富んだ試合が求められる新日らしからぬトーナメント、それがKOPW!!

初めての取り組みかつ自由度が非常に高いせいか露骨にアドリブ力の差が出ているような気もするが、果たして試合はどうなったのか!?

1回戦 倒すだけがプロレスじゃない

まずはTwitter上でもデスペが一方的にバチバチやりあっていた2人だ。小島はラリアット、デスペはピンチェロコを封印されるという非常に小島不利な対決となる。

ロープに振ったあとやコーナーへの追撃はラリアットを用いることが多かった小島だが、それが丸々NGなので試合の組み立て方が普段と異なり新鮮だ。

それにいつもの流れでラリアットいっちゃうんじゃないかというよろしくはない緊張感もあり目が離せない。

対するデスペは膝一転狙い。腕の主力技が使えない状態で足を破壊すれば小島はただのサンドバッグだと言わんばかりにあざ笑う。

きっと小島にとっても凄まじいフラストレーションだったことだろう。それを見抜いたデスペの執拗な挑発にとうとう……。

f:id:niwapuro:20200827150410j:plain

いっちゃったよバカヤロー!

あまりにも舐めたデスペのラリアットポーズにプライドを刺激された小島はレフェリーの目の前で反撃のラリアット一閃。当然反則負けだ。

勝負に勝って試合に負けたというところか、本気のラリアットを叩き込めた喜びと反則負けになってしまった情けなさが混ぜこぜになった表情は必見だ。

普段ではありえない光景が見れる、KOPWとはなんぞやを表現した素晴らしい初戦だったと思う。

2回戦 テープは怖くない

続いて矢野とBUSHIによるピンフォール2カウントマッチ。カウントの猶予はたった1という刺激的なルールだ。

まぁ、そりゃ、矢野は当然としてBUSHIも結構ノリがいい方なので面白くなるのは定められた運命だよね!

デカい人とマスクマンがカウント1で必死に肩を上げ続ける光景は果たしてプロレスなのかという疑問も湧くが、いきそうでいかない焦らしは手に汗を滲ませ応援に力が入る。

最後はマーメイドと化した矢野がトラウマを払拭しBUSHIを撃破。BUSHIのあざとい足バタも見れたし満足だ。

ところでこの日BUSHIが被ってきたオーバーマスク、アトランティスなのかアマゾンオメガなのかどっちなんだろう……。

3回戦 ザックにもやってほしい

3戦目はSHOとSANADAによるサブミッションマッチ。2人が提案したルールは微妙に違うのだが面倒になったのか似ている部分が多かったので統一、ファン投票もないというKOPWの中でも異色な闘いだ。

だが試合は期待通りのクオリティで素晴らしかった!関節技には定評のあるSHOと、ザックと名勝負を演じたSANADAが闘えばそうなるでしょう!

ひりつくような関節の取り合いはヘビーとジュニアの壁が完全に崩れており、男と男の生きざまが画面越しでも感じ取れた。

ただ少し残念なのは、別にルールで禁止されてる訳じゃなかったがエルボーが出ちゃったところかなー。

なんだろう、これがキックなら普通に見れてた気がするのに……特殊ルールなのに見慣れた光景が出てきたことに対する違和感だろうか。

試合はSANADAの足四の字という激レア決着に終わったが、バクステでも闘志の消えていないSHOにまた一つ成長を感じた。

4回戦 勝ち抜き戦でもよかったかも

最後はKOPW提唱者であるオカダと、そんなキラキラした姿が気に食わない裕二郎ズによる因縁の一戦。

1vs3ハンディキャップマッチというあまりに舐めた強気なルールに裕二郎ズがどう挑むかが注目だったが……やはり厳しかった。

今回のルールでは誰か1人でも3カウントかギブアップをした瞬間勝敗が決するため、いかにオカダの邪魔をしつつ体力を削るかが重要なポイントだった。

だが反則行為や合体技を何度繰り出してもオカダに決定的なダメージを与えたシーンがなかった。邪道外道も普段より本気を出しているのはわかるのだが、張り切れば張り切る程オカダの化け物っぷりが露わになるだけ。

改めてバレクラの戦力不足とオカダのヤバさが浮き彫りになった形だ。せめて勝ち抜き戦なら序盤に邪道外道が鉄砲玉として突っ込み、最後に裕二郎をぶつけるなどの戦法が取れたかもしれないが……。

仮にランバージャックが採用されていたとしても後藤とYOSHI-HASHIがセコンドにいたら実質1vs1に追い込まれていただろうし、結局裕二郎にとっては茨の道だったという訳だ。

久々のオカダ〆は嬉しかったが、もっとオカダにとって不利なルールをぶつけてもよかったのではと思うと少し残念な試合でした。


賛否両論度:★★★
他の組み合わせ見たい度:★★★★★
トロフィーはあれでよかったのか度:★★★★



引用元
SUMMER STRUGGLE 2020 – 東京・後楽園ホール 2020/8/26 | 新日本プロレスリング