にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

アメリカでも新時代到来【NJPW STRONG Road to FIGHTING SPIRIT UNLEASHED 2020/09/05 全試合感想】

NJPW STRONG 2020年9月5日 エピソード5 Road to FIGHTING SPIRIT UNLEASHED

いっつも思うけど向こうの実況ってあらすじや次回予告を読んでる風だよね。もっと言うとGガンダムの冒頭みたいな感じ。

さて今回はジェイのシングルマッチ、自粛を乗り越えた彼の実力が遺憾なく発揮される……と思われる試合がメイン。

果たしてゴードンは本気のジェイを引き出せるのか?そもそもマトモに闘ってもらえるのか?

第1試合 とりあえずDKCで

DKC!DKC!相変わらず熱い男だDKC。LA道場に入ったら黒パン坊主になるんだろうが、その姿が全く想像できないな!

今回の新レスラーはモリモリマッチョマンの変態見るからに強そうなロッサー。元WWEらしい。

筋肉を流動させて相手を追い込むロッサーはまさにプロレスラーって感じで自分は好きだな。汗でどんどん身体がテカるのもセクシー。

その相方ゼインは浮遊感のある動きでDKCとクラークを翻弄。オスプレイのような宙に浮いてる感がたまらない。

スタイルと役割をしっかり分けているゼインとロッサーに対し、DKCとクラークは若さと勢いで挑むも……まぁ及ばず。

ただ若いと言っても柴田のスパルタ教室で基礎がしっかり太い柱になってるクラークと、今にも爆発してあちこちに四散しそうなDKCではまた趣が違っていいね。

第2試合 差は大きいか

2試合目はミステリオッソとカール。最近このシリーズでも目立ってきてるなミステリオッソは。

カールの方はすっかり垢ぬけているなぁ。だんだん顔が柴田に似てきた気がする。

で、試合の方だが、ミステリオッソは柴田が言う通り以前より動けている。だが攻撃の間がやや長く感じるのはメキシコエッセンスの影響なのだろうか。

所作の美しさもカールが勝っており、正直ミステリオッソはいいとこ出せずに負けた感じだ……。

第3試合 勝手にたたかえ

次は巨漢対決。できれば目の前で見たい試合だ。ヒクレオは縦ならブロディよりデカいが顔はちょっと幼さが残る危ういアンバランスさにグッとくる。

お互いあらゆる技が大振りかつ説得力があるので、ゴジラと他の怪獣が闘っているのを見守る人類のような、そちらで好き勝手してください……という気持ちが味わえる。

だが兄譲りのずる賢さを持つヒクレオが要所要所でブロディの自爆を誘い、弱ったところを危なげなく3カウント。

スカルが自粛している以上バレクラ相手に孤軍奮闘することになるだろうブロディだが、幸先の悪いスタートとなってしまった。

第4試合 ジェイの呼吸

相変わらず動きも身体もビシッと決まっているジェイ。結構日焼けしてるのに顔がそうでもないのが気になる。

日本で見せてきたものと変わらずゴードンを攻め立てる。対するゴードンはあくまでも正攻法でジェイを打ち破ろうと必死だ。

特にセカンドロープを利用したスピアーは驚きと興奮がつまってて最高だったな!多分空中エルボーで来るなとジェイにも視聴者にも思わせて、まさかの真っすぐ突っ込んでくる恐怖。これは他の日本人レスラーにもぶっ放してその受けっぷりを競ってほしい。

だがそれ以降ジェイの警戒度がグンと上がり、なかなか大技に持っていけずゴードンに焦りが見えてくる。

ジェイ相手に焦るのは禁物だ……痺れを切らして突っ込んだゴードンに決まる華麗なブレードランナー

相手のストレスを最大限に利用するカウンターフィニッシュであるブレードランナーへの流れはいつ見ても憎たらしいものだ。


前回の時点で勘を取り戻しつつあったジェイだがいよいよ本格始動といったところか。現在のバレクラに対する疑問には相当うんざりしてたんだなというのがわかる塩対応だったが、確かに今言わなくても次のG1ですべてが判明するだろうから詮索は自分の脳内かSNSへの殴り書きだけで止めておこう。

マディソン・スクエア・ガーデンを満員にした男はコロナに苦しむ新日本の救世主となるのか!?期待しかない。


DKC度:★★★★
解説大変そう度:★★★★
スイッチブレイ度:★★★★