にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

やっぱり棚橋のプロレスは面白い【G1 CLIMAX 30 2020/09/20 全試合感想】

G1 CLIMAX 30 2020年9月20日 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 全試合

前日に引き続き大阪でのBブロック開幕戦。

二冠王者の内藤と因縁のあるKENTAとEVIL、珍しくBブロックの棚橋、何をしてもおかしくない矢野……色々きな臭いブロックだ。

特に今回のメインである棚橋vs内藤は今後の新日の方向性を占うことになるかもしれない貴重な試合だ。二冠王者はかつて否定した『今の新日本そのもの』相手にどう闘うのか?


第1試合 ゲイブはまだ熟さず

新日にきて実はまだ未勝利だというゲイブと、髭を剃ったせいで高山善廣選手っぽくなった辻の対決。

ゲイブも奮闘してるんだけど、今回は体重に優れた辻のパワーを上手く抑え込めずに無念の敗北。

まぁヤングライオンだと技制限あるからそりゃ重い方が有利だよね……。

とはいえ気迫は野毛道場組とやや色は違うが確かなものを持っているので、それを日本の皆さんにもっと見せつけてほしいところだ。

第2試合 足使って応援してよかったんだ

それではG1のBブロックスタート。物事をようやく一瞬で変えた男YOSHI-HASHIとコーヒー飲んでもジュースの対決。

ジュースの新コスはブルース・ブラザースという映画をオマージュした胡散臭い黒を基調としたコーディネート……かと思ったが脱いだらフレディ・マーキュリーじゃねえか!

だが中身は相変わらずジュース。大阪人はノリがいいという性質を利用し、We Will Rock Youを思わせるドンドンダンのリズムを観客に求め熱を上げていく。

そんなジュースの心理戦を意に介さずベルト持ちというプライドを持って挑むYOSHI-HASHI。だがジュースのナックルに対するカウンター技を用意していなかったせいで無念の敗北。いつも思うけどあんなに殴ったら普通一発退場だろ。

気になる部分は多かったが、盛り上げ上手のジュースと応援される才能のあるYOSHI-HASHIの勝負は想像以上によかったな。

第3試合 マスクちっせぇ!

次はSANADAと矢野。SANADAも新しいコスチュームで来たんだが……マスクちっさいなおい!?

f:id:niwapuro:20200922200042j:plain
このゲームを知ってれば君も立派なガンダムオタクだ。

そこまで似てる訳ではないんだが実写版シャアを思い出す……。

SANADAは相手の作戦に敢えて乗るようなことはそうそうないはずだからまぁ勝つだろと思いながら見ていたが、かつての鬼寮長としての立場を悪用し上村にパラダイスロックを解除してもらった矢野に隙を突かれ、まさかのリングアウト負け!モクスリー戦でも見たぞこの二人三脚!

今回はあくまで先輩の強要懇願という形での試合介入だったので、バレクラの介入よりかはかわいい……のか?

第4試合 どうした荒武者

後藤とKENTAと言えば、ドームでKENTAが内藤のデハポンコールを妨害した時「あれは後藤がKENTAにトドメを刺し切れなかったから後藤が原因」みたいな意見を見て笑った覚えがある。

言うてあの時は後藤が勝ってるし、アメリカの時みたいにチェーズの介入とかなさそうだから後藤に分があるだろと思ってたら、まさかのKENTAのペースだよ!

KENTAがあの時より仕上げているのもあるが、どうも後藤の感情が空回りしているように見える。

後藤目線で見ればNEVER戦線で力の差を見せたと思ったら、ウルトラCの荒業で自身も目指していた二冠の波に乗って大暴れしたので気分はよくないだろう。そういう感情を上手く処理しきれてない……と自分は感じだ。単に体調不良の可能性もあるが。

とはいえ試合は結果がすべて。イッテンゴのリベンジを果たし勢いをつけたKENTAは本当に2020年を染めてしまうのか……?

第5試合 闇の反対は光

かつては内藤がボロクソ言われて心が折られかけた試練の地、大阪。そんな場所でドがつくヒールを貫くEVILは当然あまり応援されないのだが、あまりに外道なせいで同じくヒールのはずのザックが応援されるという非常事態発生!

初っ端から東郷フル介入で痛めつけられ、お返しにエグイ技を繰り出し拍手をもらうザックの姿はもう完全にダークヒーローだ。

ザックはいつも通りのことしてるのに完全に光属性と化すなんてさすがにEVIL様闇が過ぎませんかね……。

というかザック攻撃受けすぎて不安になるな!?相手はムチムチに定評のあるEVILだぞ!

試合はなんとかザックの勝利でみんなほっこりに終わったものの、バクステで燃え尽きた感のあるセリフを残したのが心配だ。

第6試合 これが内藤の『新日本』

終戦。棚橋と内藤の因縁は一言ではまとめられないほど複雑に絡み合っている。知りたければ『新日学園 内藤哲也物語』を読もう(宣伝)

2人に共通するのは新日本プロレスに対する愛情の深さとプライド。だが棚橋は再建した側、内藤はそんな棚橋に憧れた側という差がある。

二冠王という絶対的な立ち位置になっても、表向きは内藤の方が上だが歴史を追っているファンからすればようやく棚橋と横並びに来たというところだろう。

ここがプロレスの面白くもあり面倒なところだ。単純な勝敗では築けないファンからの厚い信頼、そして期待。そんな数字にできないのに重さだけは確かにあるものを棚橋は大量に背負っている。

ベルト戦線から離れ珍しく弱気な発言をしたのに、花道を彩る拍手の量がそれを証明している。

ここで棚橋を越えてやろう、そんな気概が見えたのは場外でハイフライフローを受けた瞬間だ。

場外への飛び技を受ける際、よほどのことがない限りお互いのダメージを最小限にするよう絶妙な位置取りで受けることが多い。

しかし内藤はハイフライフローを胸で受けきった。棚橋の必殺技を最も危険な形で受け止め勝利することで、内藤に対する信頼感は限界を突破した……かもしれない。

うだうだ語ったけど単純にクソ面白かったね!棚橋がコンディションもよく、ややヒール寄りのスタイルで試合を組み立てていたのもいいスパイスだ。

そんな棚橋の良さをアピールさせながら納得のいく勝利を見せる内藤……こんな理想のレスラー像そのままを見せられたら応援したくなるに決まってるじゃん!ね!


観客の治安ちょっと悪くね?度:★★★
内藤のツンデレ度:★★★★★
内藤哲也物語の3巻楽しみにしてます度:★★★★★



引用元
【伝説のクソゲー】実写版ガンダム0079をクソプレイ part2~VSアゴイ彗星~