にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

にわプロ裏小話 G1 CLIMAX 30 Aブロック編

※注意!

この裏話はあまりよろしくない視点でプロレスを語ります。

そういった不純物を頭に入れたくない方は回れ右してブラウザバックをお願いいたします。



G1見てるよ……色々あって感想書けてないちゃんと見てるしちゃんと楽しんでる。

じゃあなんで裏話と題し↑みたいな注意書きをするような内容を先に書こうとしてるかというと、今後の展開を考えてると必ずそういった部分にブチ当たっちゃうからね!

とはいえ大っぴらにプロレスをそういった視点で楽しむのは粋ではない。というかあんだけ暴露本出てるのに神話性が崩壊しないってすごいよね。

という訳で、今回はG1 CLIMAX 30に関するアレコレを選手ごとに考えてみる。

飯伏幸太

こないだのタッグ戦線の流れで神になることを棚橋から直々に勅命され、これまで以上に言葉を大事にしようとしているのがよくわかる。というかあのタッグ戦線は棚橋を土台に飯伏の成長とタイチザックへの労いを兼ねたものだよね。

ただ本音を言うともう少し若ければ……という部分がある。なにせ現王者の内藤と同い年なのに、新日本という枠の中では飯伏が築いた物語は決して多いと言えない。

スター性はみなさんご存じの通りなのでいずれ覚醒はすると思うのだが、長期間本隊のリーダーを任せるにはちょっと荷が重そうなんだよなー。

ジェフ・コブ

ガチムチ!オカダをぐるんぐるん振り回してたのはすごかった!新日本とも専属契約を結んだそうだしこれからの活躍が気になるところ。

生え抜きじゃない外国人って割と冷遇というか星調整扱いされる感じのパターンだが、まさかジェイから取るとは思わなかった。

単勝とはいえジェイ<コブ<KENTAという歪な関係ができあがったのは……そういうことですよね?

オカダ・カズチカ

迷走してる感半端ないな!コブラクラッチや丸め込み自体はいいんだが、「今から本気出しますよ?」みたいな余裕から生まれる溜めがなくなって勝ちに急ぎすぎてるあわてんぼうになってしまってる。

こういう時ってターンの時期が迫ってるもんだけどオカダはなし崩しでベビーになってるから、ベルトがない内にヒールに戻るための下地を作ろうとしてるんだろうか。

直近に同じようなやり方で大ヒールに変貌したEVILがいるのにオカダでそれやる?という疑問もあるが、頑なに『レインメーカー』というお金が取れる肩書を捨てさせようとしているんだから何かデカい仕込みはやってるはずだ。

石井智弘

年齢を考えたら当たり前なんだが、明らかに技や受け身以外……これまでの蓄積されたダメージに苦しんでいるシーンが多くてヒヤヒヤしてしまう。

貢献度を考えたらIWGP級なんだが、この調子だと完全に旬を逃しかねない。せっかく内藤が二冠持ちだから一回ベルト渡してもいい気がするんだよな。

しかしCHAOSでのびのびバチバチやっているのを見ると、ベルトなんかより目の前の試合が大事というのが伝わってくるのでそれ以上言えない。

ウィル・オスプレイ

体重や体格の変化もだが、一番気になるのは例の事件……。オスプレイは直接の加害者じゃないし、向こうの警察が介入して特にお咎めなく終わってるんだから大丈夫なんだろうが、他の団体は割と厳しめの対応を取ってるから不安だ。

今はコロナ禍で海外展開できないからいいと思うんだけど、もしまたアメリカやイギリスで巡業を行おうとしたら絶対そこが引っかかってくるはず。

そういやあれってオスプレイの彼女(この人もレスラー)も関わってたらしいけど、あっちはどうなんだろうね。

鷹木信悟

喋りは上手いし見た目強そうだし負けても格落ちした感じが出ない。色々と最高すぎて新日本も扱いに困ってるような気がする。

オカダに対しての「いつものオカダじゃないと勝つ意味がない」はかなりシュートな発言だったよね。遠回しにお前の試合盛り上がってないぜと言ってるようなもんだし。

多分その試合はオカダが勝つんだろうが、レインメーカーを抜かせたらそうさせた鷹木すげー。コブラクラッチや丸め込みで決まったら鷹木の言う通りレスラーを馬鹿にしてると批判される。鷹木が勝ったら鷹木すげー。言葉一つでこの状況を作り上げるえげつないテクニック……。

鈴木みのる

タイチに負けたのは鈴木軍の骨子を渡して好きなように再構築してもらい、自身は色んな団体を巡るため新日本から離れるフラグだと予想しているがどうだろう。

NEVERベルトも流動性が高いからいつ誰に取られてもおかしくないし、最後のライガー戦以降は感情のやり場を失ってるようにも見えるんだよね。

色々と因縁があった永田とも決着がついた感じだし、G1終わったら新日本からしばらく離れる確率は結構高いと思うんだよ。

タイチ

もうすっかり愛されヒールとしての立場を確立し、G1にて下剋上まで成し遂げちゃったらもう狙うのは一つしかないよね。

来年か再来年、タイミングまではわからんがタイチのインターコンチ戴冠が用意されている!

外様経由の人にはちょっと厳しい新日本なので、IWGPヘビーの可能性は低いのが残念だ。

ジェイ・ホワイト

突然EVILにブチ切れたのは笑ったよ。さんざん歓迎してたのに手のひら返し早すぎだろ!そんな目でEVIL見てたんかお前!

そんなEVILからのカウンターは「裕二郎を信じてるみたいだな」と。あぁ……裕二郎の白星取れるよ……。

ジェイに関しては前に書いた通り新ユニットの犠牲になると予想してるが、このままだとマジで当たりそうでめっちゃわくわくするんですけど。

高橋裕二郎

で、渦中の裕二郎。そんな負けさせるかねと言わんばかりに連敗している姿を見せられるのはかなりキツイ。

レインメーカーを封印しているオカダにすら届かないというのはマジ残酷な展開なんだが、単なる人手不足解消と思い出作らせのためのG1じゃないよね!?

無視できない古傷があるからしょうがないんだろうけどさぁ……ジェイ相手には何かやる予定なんだよね!ね!?