にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

新日本の歴史が暗殺者の手により動く!【G1 CLIMAX 30 2020/10/16 全試合感想】

G1 CLIMAX 30 2020年10月16日 東京・両国国技館 全試合

やべえよやべえよ……いっさい予想していなかったところから突然殴られたよ。

そのせいで優勝戦線とかジェイ追放とかが頭から抜けちまって……いやまぁ辻褄は合うんだよ。冷静に考えると十分ありえる話ではあるんだ。

だけどこのタイミングでぶち込んでくるかぁ~!?


第1試合 ダメだ、辻は強い

前回苦手だったスープレックスを克服し上村に勝利した辻、その理論の正しさを証明するためゲイブに挑む!

ゲイブのテクニックを潰していく辻のパワー!元々辻は他の2人に比べ重さは勝っていたが、スープレックスを破ったことでよりそのパワーに自信がついたように見えるぞ。

すっかりジャイアントスイングも物にし個性もよりグレードアップ。これにて辻の疑似ヤングライオン杯は終了するが、今まで以上に大切なものを掴んだことだろう。

第2試合 譲れないもの

裕二郎……!レスリングルーツ対決だけど相手がヤバいよ裕二郎……!

だがもしかしたらレスリングで挑んでくれるかもというコブの気持ちを逆手に取り、本来のレスリングにはない噛みつきや顔面攻撃といった反則行為を織り交ぜ裕二郎が優勢に進めていく。

一発でもデカいのもらったら終わるんじゃないかという緊張感の中、ヒールレスラーとしての流儀を貫き通した裕二郎がコブから白星!なんだろう、やってることはアレなのに裕二郎応援しちゃう!

第3試合 楽しいなぁ

鷹木と王様はどちらも優勝レースから脱落しているが、前回NEVERの件で生まれた根深い因縁の地続きとなっており互いのモチベーションは最高潮。

前回同様しばきにしばき合う怖い顔のおっさん2人!だが単にエルボーに付き合うのではなく要所要所で自身の技を織り交ぜる鷹木のクレバーな立ち回りほんと惚れる。

さらにはてめえに本当の闘いを教えてやるよとばかりに右手のナックル……パンピングナックルと言うべきか。根性の詰まったパンチを受けた王様はあまりの嬉しさにガンギマリ、負けたとは思えぬハイテンションで鷹木を遠回しに煽っていく。

第4試合 予想不可能回避不可能

うん……この試合を観終わるまではね、マネクリをロープ使ったオスカッターで返すとかエビ固め合戦やるのかなとか考えてたんだ。

オスプレイが裏切った上にオスプレイの彼女とオーカーンが来るとは思わないだろ普通!?

まあ確かにベルトを失ってふらふら好き勝手しているのにユニットリーダーというだけで色々優遇されるオカダにフラストレーションを溜めていてもおかしくない。

瞬間瞬間の動きを切り取ればオスプレイはオカダ以上どころか新日本一。それ相応の地位が確約されていないとおかしい逸材だ。

でもまさかオーカーンを一緒に連れてくるとは思わなかったよ!最初デカい外道が来たのかと勘違いしたよ!

キッチリPVまで作ってもらったがいきなり襲撃食らったワトさんと、しれっと入ってきて大物に一発ぶちかます権利をもらえたオーカーンはどっちがいいのだろう……。

第5試合 足

第4試合があんなことになったからやり辛いだろうなーと思ってたらなんかこっちも変な試合になっちゃったよ!

共に足がメインウェポンの飯伏とタイチだが、なんの伏線もなく突然足のみで試合を進めやがってる!?組み合いや場外戦もない異様な空気に会場は困惑の色に染まっている。

でも冷静に2人のフィニッシュムーブを考えると、初回命中率が10%くらいしかない天翔十字鳳持ちのタイチの方が不利じゃね?……とか思ってたら出す前に普通にカミゴェ食らって負けましたー!

第6試合 誰がために

石井とジェイ……元CHAOS同士ということで仲は最悪。ジェイは優勝がかかっているので猶更石井を激しく敵視している。

名勝負ばっかで忘れられがちだが実は負け越しちゃってる石井。チームメイトのオカダは負けちゃったしオスプレイは裏切っちゃったし、CHAOSというユニット単位で考えると試合どころではなくなりかねない。

だがそんな些細なことで歩みを止める石井ではない!普段は嬉々として人の弱点を責めるジェイに対し、石井の引き出しから現れたのはハンムラビ法典も真っ青な膝には膝をの精神!

痛みを無視し猛攻を続ける石井のヤバさに顔を歪ませるジェイ。脳裏にはEVILから言われたことや裕二郎の逆襲がちらついているのか、普段なら外道を使ったお手軽反則で流れを絶っているところだがどうにもタイミングが合わない。

そんなミリ単位のずれは石井に勝利をもたらした。G1というブランドよりも大切なものにケジメをつけたその背中は痛々しくも誇らしい。


オカダが負け、ジェイの野望が絶たれたことでAブロック決勝進出者は飯伏に決定!……あんな足がバカになりそうなくらい蹴り合ってたけどコンディションは大丈夫なのか!?決勝戦でカミゴェを打つパワーは残されているのか!?というか裏切ったオスプレイたちは今後どうするの!?壮大な伏線を残してAブロックこれにて終幕!まぁ飯伏なら大して問題ないと思うけど。


オスプレイの彼女がハーレークイーンぽかった度:★★★★
石井のケジメ度:★★★★★
若干棚ボタ度:★★★★