にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

にわプロ裏小話 USヘビー戦線編

※注意!

この裏話はあまりよろしくない視点でプロレスを語ります。

そういった不純物を頭に入れたくない方は回れ右してブラウザバックをお願いいたします。



f:id:niwapuro:20201104173131j:plain
テープは入ってないっぽい

前々から思ってたけど……この1件で確信めいたものを感じたね。こないだのEVIL考察並みに外れそうだけど。

戦友柴田を通じた因縁を利用してベルト戦線に絡んできたとも考えられるが、この流れにやや違和感があった。

だがメイ社長引退に伴うAEW側の態度の変化、いまだ決まらぬモクスリーとの決戦の日、そこに新日本の代表である棚橋が絡んでくるということは……。

しかもこのタイミングでケースが修理を余儀なくされるほどの破損ときたもんだ。NJPWストロングでの抗争はなんだったんだという話になりそうだが次にケースを見るときはエースカラーに染まってそうだ。

そうなると新日本vsAEWの構図に現実味が出てくる。両社と繋がりのあるジェリコはイッテンゴで一旦新日本との契約終了という流れだったそうだが、色々苦しい状況の中このコネを活用しないはずはないだろう。

ただそうなっても問題は一番の目玉になるであろうケニーが来てくれるかどうかだ。ただでさえ多忙なのにコロナ感染リスクが高くなりそうな年末年始の海外渡航を向こうが飲んでくれるか……。

もし飯伏が権利書を防衛したら来日の可能性は高くなると思う。相思相愛とからかわれるほどプロレスに関しては息の合っていた2人だが、飯伏が正式に新日本に入団したことでふわふわした関係になっており、どんな形であれその結末を見届けたいと願うファンも多いはず。

……もしかして二冠の存在を持て余した新日本はケニーを使って二冠を解体するつもりでは?

新日本内で解体してもベルトに絡めるレスラーはそう多くないので自然と二冠になる機会も出てくるはずだ。それを避けようとするとかなり不自然なことになると思う。

だがもし、インターコンチが外に流出してしまえば……?それもROHRPWほど交流機会のない団体ならば最低半年、何なら数年隔離しておくことができる。

飯伏とケニーがドームで闘う。ケニーに花を持たせる。今後の関係も匂わせる。完璧じゃないかこれ!?

もし飯伏がAEWの扉を開いたら、ファン達から文字通り『神』扱いされるだろうね。



引用元
Road to POWER STRUGGLE – 東京・後楽園ホール 2020/11/2 – 第4試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング