にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

ついに見えたドームへの道は大波乱確定!【Road to POWER STRUGGLE 2020/11/07 全試合感想】

POWER STRUGGLE 2020年11月7日 大阪・大阪府立体育館(エディオンアリーナ大阪) 全試合

全試合が何かしらを賭けたシングルマッチというクソ贅沢なこの試合。ドームのカードにも直結しているためか緊張感も段違い。

不穏な空気も漂う中、新日本の物語はどのようにうねるのか見ていこう。


第1試合 スポンサーへの配慮も完璧

ノーコーナーと言ったが後から付けるのはダメとは言ってない……さすが経営者矢野、これには吉野家もにっこり。

矢野も思わず『レスリング』を匂わせてしまう動きをせざるを得ないのがザックのすごさだ。

矢野の世界観に飲まれながらも一本通った筋は決して譲らぬ高潔なプライドは見ていて気持ちいい。そんな男の靴ひもを縛ってリングアウトさせるような矢野の姑息さがいい化学反応を起こしてる。

……電流爆破パターンもちょっと見たかった。

第2試合 中火

鷹木が腰を痛めている影響か、試合全体の火力が低く感じてしまう。動くたびに漏れる鷹木の悲痛な声が迫真すぎて心臓がちくちくするせいかもしれない。

一歩間違えればただの弱い者いじめになりかねないが、相手はジャイアンだ。大一番にケガしてるてめえが悪いんだよと顔で伝えてくる王様の表現力もさすが。

後半は王様がちょっとどうにかなっちまったんじゃないかと心配したが、Twitterは元気に更新しているようで一安心。

第3試合 ブリ〇ス

オカダとオーカーンのにらみ合いよりも、高そうな服でビシッと身を固めたオスプレイが優雅にシャンパン飲んでる方に気が行っちゃったよ……。

試合としてはオーカーンのマネクリ対策がどこまで通用するかが肝だったが、まぁ絞め技相手にするなら早めに決めないとそうなるよねという感じだ。

ここで一旦オーカーンの侵略は止まり、エンパイアはオカダとオスプレイのリーダー対決に移行。オカダに負けたからって格が落ちる訳でもないので、次はNEVER辺りを侵略してほしいな。

第4試合 KENTAのこっから

序盤はお互いイチャイチャけん制しながら、徐々に熱を帯びて迫真になっていく理想的な展開だ。

前回前々回のG1でも思ったが、棚橋とKENTAはだいぶ相性がいいよね。まるで泥沼の中ですいすい泳いでシンクロキメているかのようだ。

自分はここで権利書動くかと思ったが、KENTAの意地がそれを阻止!新日に来てからすっかりヒールとなってしまったKENTAにもまだアツいプロレス魂が眠っていることを再確認。

まあ、結局、今シリーズ通して、俺が何が言いたかったかって言うと、人生最後に笑えばそれでいいじゃんってこと

このバクステも卑怯だよぉ……。

第5試合 それは誰でもキレる

身体能力お化けの飯伏と老獪の域に達したテクニックのジェイの試合は何度見てもいいものだ。

なんだかんだ今回は飯伏が勝つっしょと思ってたらこれですよ!
f:id:niwapuro:20201109123834j:plain
そんなに効果あるかこれ?

レフェリーの死角を突いて、ロープを利用した変な丸め込みでまさかの3カウント!ワールドで観たら浅見レフェリーもそっち側だったのかと思ってしまう異常事態。海野レフェリーよりかは言い訳できる。

なんでもIWGP挑戦権利書が移動したのは今回が初らしい。当然だと思っていたものが崩される、それすなわち革命の足音としか思えないが、これはドームすごいことになりそうだ……。

第6試合 無常

先の試合はジェイの無法で大荒れ、EVILはそんなジェイとのベルト戦を所望……何してでも勝ってくるやつじゃんこれ!

そして当然のように乱入する東郷裕二郎SANADAジェイ飯伏……誰が勝ち抜き戦やれって言った!?そしてSANADAの驚きの白さはなんなんだ!?セイヤ君白パン

両陣営なりふり構わない……いや飯伏は別にロスインゴ側ではないが、とにかくどん欲に勝利を求める泥仕合。その結果は……内藤の勝利!

ひとまず二冠は守られハッピーエンドになったが、EVILはこれでまさかの11連敗。ジェイのサポートを受けたにも関わらずの敗北はバレクラ内での立場をかなり悪くしそうだが……。

内藤を超える実績と正義を求めて裏切った因果応報なのかもしれないが、これはさすがに度が過ぎてるように思うのは自分がEVILのファンだからなのだろうか。

全体で観れば胸をなでおろす展開なんだけど、個人的には非常に落ち込むメインだった。


13ユーロは約1600円度:★★★★★
飯伏の闇堕ち度:★★★★★
イビ様これからどうすんの度:★★★★


引用元
POWER STRUGGLE – 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) – 第4試合 60分1本勝負 – IWGP USヘビー級王座挑戦権利証争奪戦 | 新日本プロレスリング
POWER STRUGGLE – 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) – 第5試合 60分1本勝負 – 東京ドーム・IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル王座挑戦権利証争奪戦 | 新日本プロレスリング