にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

ジェフ・コブがなんであんなことになったのかを考える

この試合、強敵相手に久々の後藤弐式という胸熱展開が見れたのはよかったがバクステは何とも言えない負のオーラに包まれていた。

(※しばらく沈黙が続くが、カメラに向かって指差して、静かな口調で)お前らのせいだ……(※とだけ言って立ち去る)

何があったんだよコブ!?この『お前ら』は記者を指してるのか、それとも自分たちのことなのか、思い当たるところをピックアップしていく。


ガチムチがゲイ用語発祥だと最近知った

LGBTに関して議論が盛んな現代、昭和の香りが残るホモ弄りなんてしようものなら即炎上不可避。

ガチムチも本来はゲイコミュニティから生まれた言葉であり、性的なイメージも乗ってくる意外とデリケートな言葉だったりする。

単に筋肉に脂肪を乗っけた人のことを指す言葉だとコブは思っていたのだろう。まさか特定の人たちをバカにすることになりかねない言葉を使っていた自身への怒り……そしてそれを指摘してくれなかった記者達への怒り……それがコブをエンパイアに導いたのではなかろうか。

会社のやり方に失望した

NJPWストロングでKENTAとコブは2度激突しており、そのどちらもKENTAがダーティファイトを用いて勝利している。

あんなあからさまな反則を見逃しクソリプを晒し上げる権利書を雑に扱うような奴を新日本は許すのかと、コブの正義感が暴走し純度の高い力を求めてエンパイアに加入したとすれば納得はいく。

実際日本のレフェリーもG1だっつってんのにバレクラ寄りとしか思えない動きをしていたので、コブの背中を押すには十分な理由になるだろう。

まだ理由を考えてる

なんかヒール寄りのユニットだから暗黒面見せたろの精神。

棚橋をヘナーレに取られたから

今回のG1は8点と決して高くはないが涼しい秋の気候のおかげか試合内容はかなりよかったコブ。

もしタッグリーグに棚橋が出ることになれば、自分がタッグパートナーを務めると自負してもおかしくはない。

だが現実にはヘナーレが棚橋の横に並ぶことになり、あんなにG1で結果を出したのに何故?俺はベルトも取ったことない小僧より価値がないのかと拗ねて絶望し、新メンバーを欲していたエンパイアと利害が一致したからではなかろうか。


結局『お前ら』が誰を指してるかがハッキリしないとどうとでも言えるな……。