にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

いよいよカードが固まるイッテンゴは何が起こるのか!?

いよいよドームのカードも決まってきたな!こう並ぶとなんだかんだ二連戦にも耐えれる分厚い層がすごいな新日本は。

ちなみに何故イッテンゴだけにしか触れないのかというと自分の持ってるチケットがイッテンゴだけだからという自己満だからだ!

石森vs『X』

まずはジュニア。ヒロムとズモがイッテンヨンで闘い、勝者がベルトに挑戦できるという構図だ。

日本側を重点的に見てる自分としてはヒロムに勝ってもらいたい気持ちもありつつ、初の生ズモを観てみたい気持ちもあるからどっちになっても嬉しいところ。別に悩んでも何も変わらないのにマジ悩む。

仮にバレクラ対決になったら果たしてちゃんと闘うかが不安なところだが……いずれも身体能力はずば抜けているレスラーなのでちゃんとアツい闘いをしてくれることに期待だ。

鷹木vsコブ

いやーこれは嬉しい!絶対ハズレないじゃんこんな2人のバチバチプロレスは!こういう自由度の高いシングルに熱が注入されるところがNEVERのいいところだよね。

しかし戦績や相性を考えると鷹木不利なんだよなぁ。このガチムチボディにラストオブザドラゴンを決めることができるのかどうかが鍵になる。

というかエンパイア勢の中で唯一ベルトに絡んでるから闇堕ちと相まって本気度がこれまでと段違いになっているはず。もしかしたらバチバチどころか潰し合いに発展しかねないな……!

SANADAvsEVIL

恋愛のもつれの末路感ある元タッグ同士の喧嘩マッチ。柄にもなくアツくなったSANADAが殻を破りそうな気もするな。

対するEVILは一見被害者ぶった振る舞いだが、元はと言えばEVILのせいだからね!?どこぞの悪魔超人の名言が頭をよぎるヒールっぷりだ。

多分この試合は普通に……東郷が介入しつつ比較的普通に終わると思う。問題はメインだ。去年の例を考えると試合終わりに何かが起きる可能性が高いと思うんだよな~。いやでもまさか2年連続でバッドエンドはちょっと……ねえ?

『X』vsジェイ

飯伏から権利証をギリギリ合法な手段で奪い取ったジェイは身体を休めるためイッテンヨンをキャンセルしこの日に賭けてきたのだが、こうなると清々しいほどのバレクラ濃度だ。

果たしてその向かいに立つのは飯伏か内藤か……。正直対飯伏は結構見る機会多かったから、個人的には内藤に来てほしいかな。

内藤……勝利……デハポン〆……うっ、頭が……本当嫌な記憶だよアレは。その忌まわしき記憶の元凶はタマちゃんたちとはしゃいでたがドームに参戦するんだろうか。

それにEVILだよ、二冠からまさかの4強どころか割と下の方まで落ちちゃって諸々のチャンスを掴み損ねた男が何かを仕掛けてくるとしたらこのタイミングだ。

2020年の物語の軸となったロスインゴとバレクラの騒動にいよいよ決着がつく……つくよね?もしそうなら長い道のりだったなあ。


ここからはあくまで自分の妄想だ。

内藤との死闘を制し、初のIWGPを戴冠した飯伏が勢いそのままジェイを破る。

外道がジェイを支えて帰るのかと思いきや、突然隠し持っていたメリケンサックでジェイをタコ殴り!

異変に気付いたタマちゃんらが駆け付けるも裕二郎と東郷がそれを妨害、そしてリング上に現れたEVILが瀕死状態のジェイにトドメを刺す。

そこでEVILの口から新ユニット結成が高々と宣言される!その勢いそのままに飯伏のベルトを強奪せんと襲い掛かる新ユニットメンバーたち。

二連戦の疲れで満身創痍の飯伏に反撃する力は残されておらず大ピンチの飯伏。だがその時花道からアイツが!

「このベルトはお前らへのギフトじゃねえんだ」

SANADAだぁー!!ここにきて飯伏の説得が実を結び、ロスインゴと本隊の一時的な扉を開いた!

にらみ合うSANADAと新ユニットメンバー……やがて興が削がれたEVILがベルトへ挑戦する旨を言い残し花道に引き返す。

残ったSANADAは飯伏の手を持ち勝利を称え静かに帰っていく。そして残された飯伏の〆の言葉でドームが大爆発!

……になんねえかなぁ。