にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

上村争奪戦再燃!?ヤングライオン卒業も近いか


俺からのお年玉を上村にあげよう。今すぐやろう。続きだ。ぶち殺してやる……。


新年早々バカでかいお年玉を押し付けられそうな上村だが、以前から鈴木軍に自分から絡んでいった結果がようやく実ったということで本人も一安心だろう。

しかし王様から直々にゴッチ式を食らうということは、もう路肩の石ではなく目の前に立ちふさがる喧嘩相手として認識されているということ。

明らかに上村を単なる若手ではなく一レスラーとして扱っている異常事態。これは流れで事実上のヤングライオン卒業もありえるんじゃ……?

そして石森は再び上村に餌付け……これが前年だけなら単にからかっているだけで済むが、ここまで気に掛けるのは何か理由があるはず。

もしヤングライオン卒業が近いとしたら、この状況でできる限り経験を積ませたいという親心から恩を売っているように感じる。

バレクラはご存じの通り海外の強豪や邪道外道といった酸いも甘いも知るベテラン勢が集まっている。国内にいながら異国のプロレステクニックを学ぶにはベストな環境とは思えないだろうか?

海外勢が帰国している時でも練習の鬼な裕二郎やそれこそ石森もいるのでケアも万全。EVILは……プライベートは付き合いいいんじゃない?(適当)

これ以上日本人増やしてどうすんだという批判もありそうだが、とりあえず本デビューさせるために所属させておくというのは悪くないと思う。

だけど鈴木軍も狙ってそうなんだよな~。上村をぼっこぼこにした後瀕死の状態で引き取り王様の忠実な部下に洗脳という程最近他のメンバーは王様と絡みないけど

鈴木軍は鈴木軍で経験豊富な王様やレスリングエリートのデスペ、職人技の金丸といった渋い魅力に溢れている。

とりあえず本当に卒業するなら本隊所属のままだとなんかしっかりデビューした感が薄くなるからどこかに預けて覚醒を狙うという可能性も充分あるはず。

世の中もこんな状態だし、前例を覆す新しいヤングライオンがいたって文句言うのはクソ面倒な連中人は少ない、むしろそのチャレンジ精神を受け入れてくれるはず。

とにかくどうにか卒業させてやってくれ……あの才能がずっと雑用に時間割かれるのはもったいない……。