にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

懐が限界オタクのための、財布に優しいお得なプロレスの楽しみ方講座

お金がない。

貧すれば鈍する。心を潤すための趣味はこの資本主義に囚われた現代日本では消費を誘導する入口にすぎず、ひとたび足を踏み入れれば怪しいネオン看板めいた欲望の蕾に誘われる。

その扉は金を持たざる人間にも開かれているせいで本来ならば出会うこともなかったかもしれない微かな欲を震わせ、それは波紋のように広がり自身の懐事情以上の出費を脳が勝手に決断し肉がそれを止めるという無間地獄に陥りやすく、そうならないための免罪符を我らは名も知らぬ蜘蛛糸上の民に求めすがりつく。


要するにこんな稼げない時代でも好きなことにはお金を使いたい、だけどなるべく費用は抑えたいということだ。

プロレスは月一観戦くらいならそこまでお金もかからず刺激が得られる最高級のエンタメ……だった。

しかしコロナ禍の影響で全席指定かつ一律8000円とかになり、正直低収入の身としてはおいそれと行ける金額ではなくなった。

じゃあグッズを買えばいいじゃない!と思われるかもしれないが、先ほど言った通り低収入。そんな人間は趣味よりも先に未来に降りかかるかもしれない災いに備えて最低限貯蓄しなければならない。

それなら趣味やめろよと人は冷たく言うだろう。ばーか!趣味やめたら生きる意味が半減するだろ!

という訳で今回はなるべく低コストで新日を楽しむ方法を考えたい。

youtube

やはりまずはこれだろう。無料かつコンテンツ数も多い。試合動画は週に1試合しか上がらないが、大抵直近のストーリーに関連するものなので過去を知らない新しめのファンにとっては勉強にもなるしありがたい。

試合とは関係ないバラエティ豊かな企画も多く、とりあえずプロレス分を摂取したいという人は最低限ここをチェックしておけばいいだろう。

興味があればライガーチャンネルやヒロムチャンネルといった個人のチャンネルに行くのもアリだ。

■牛丼換算:0杯

Twitter

Twitterなんて宣伝とクソリプの煮凝りだろ」と思うなかれ、この@njpwworldのアカウントは試合の見どころやバクステコメントを動画やGIFでツイートしており、意外と満足感の高いものが揃っている。

この動画化されたシーンと公式サイトのフィニッシュムーブさえ把握しておけば君も立派なにわかプロレスファンだ!

ついでに公式アカウント同様選手のつぶやきをよくRTしているので、無理に全員フォローしなくても新日レスラーの動向を把握することができるぞ。

■牛丼換算:0杯

新日本プロレスリング公式サイト

試合のスケジュールやニュースがまとめられた公式サイトだ。残念ながら動画はないものの、会員登録することでレスラーのインタビューや日記を読むことができるぞ。

さらに各興業の試合結果を読むことができ、見逃した試合や放送がなかった試合の流れも把握することができる。パソコンからは登録しなくても見れるけどね。

金額も月330円とリーズナブル。試合見る余裕はないけど好きなレスラーの動向を知りたいという人は登録するといいだろう。

■牛丼換算:0.9杯

ワールドプロレスリングリターンズ

BS朝日で放映中の新日本プロレス番組だ。テレビ局のカメラを使っているからか自社配信のそれより画質がよく無料で見れるというのが大きなメリット。

とはいえ地上波と違いBSは専用機器を揃えなくては視聴できない。わざわざこのためにアンテナ買うのもどうかと視聴を諦めてる人も多いだろう。

しかし賃貸の人は今借りている物件の情報をもう一度見直してほしい。最近はCSやBSのアンテナが標準装備されてる物件が多く、ケーブルとテレビがあれば余計な契約をせず視聴することが可能だ。

もしBSがあるならばさっそくアンテナ分配器を買って、金曜8時はプロレスを見よう!ついでに吉田類の酒場放浪記も見よう。

■牛丼換算:1.9杯(分配器)

新日本プロレスワールド

https://njpwworld.com/

増税しても会社が苦しくても常に毎月999円キープ!特に興行の少ない地方民にとっては救世主のような存在だ。

検索がクソとかお気に入り登録がないとかかゆいとこに手が届かないけど権利などの問題が発生してない限りほぼ全試合視聴できるのが強い。YouTubeに上げられてる企画物も大抵こっちにあるぞ。

レジェンド時代の動画もたくさんあるので、暇なら昔と今のプロレスを見比べて時代に浸りプロレスへの理解度を深めるのもいいだろう。

■牛丼換算:2.8杯

人気ブログランキングへ