にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

アツいベルトに迫る帝国の刺客……ってそれでいいのかオーカーン様!?【THE NEW BEGINNING 2021/01/30 全試合感想】

THE NEW BEGINNING in NAGOYA 2021年1月30日 愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ) 全試合

ようやく来ました新たな始まりの日。もう東京ドームの激戦から一か月近く経とうとしてるとか時間はあっという間だ。

俄然注目がに集中しすぎて他が割喰ってる感あるNEVERはどんな色に染まるのか。さっそく見ていこう。

第1試合 炎上がらず

お互いいがみ合ってる状態だがなんとかスペシャシングルマッチを組もうとしている2人、しかしどうにも色のいい返事はもらえていないようだ。

試合もどちらかと言えば裕二郎と矢野が目立っており、前哨戦とはいえどうにも不完全燃焼な感じがして盛り上がりに欠けるというか……。

どっちも確かな因縁はあるのだが、どちらも来るならどうぞの受け身体質なのが原因だろうか。EVILには内藤に喧嘩を売った時くらいの熱量がほしいとこだ。

第2試合 不審者

f:id:niwapuro:20210131151446j:plainf:id:niwapuro:20210131151536j:plainf:id:niwapuro:20210131151702j:plain

なんだこのオッサン!?(驚愕)

SANADAが塩対応過ぎて気が狂った飯伏は自分を慕う後輩の因縁に無理やり割って入って座り込みましたとさ……。

ちなみに今日のSANADAは「俺ミニマリストなんで」というわかるようでそれはレスラーとしてどうなんだろうと少し思っちゃうコメントを残している。

色んな意味で二冠戦が不安になってきたぞ……。

第3試合 封印

負けたら即封印!ドキドキモンゴリアンバトル開幕!いやしかしこんなに攻める天山見たのだいぶ久しぶりだな!

モンゴリアンチョップ連打にアナコンダバイス!さらにカーフブランディングと言われたらテリーマンしか浮かばなかったというレア技まで!

首の怪我はビビったが、若手相手でもここまで燃え上がることができる天山はやっぱりすごい。……試合は負けちゃったけど。

しかし天山は過去に技名変更という裏技で封印を破った前科があるから多分今後もモンゴリアンは見れそうだ。

第4試合 ブリティッシュ不良

どうしちまったんだオスプレイ!?俺たちはベビーヒール関係なく君の素晴らしい飛翔技を味わいたいだけなのに!

という気分だったが実際に見るとやっぱノーDQは派手でいいな!小島も剛腕だけに頼るのではなく必要とあらば武器を使うのがよかった。

親子ぐらい歳が離れてる2人が脚立だのギターだの怪我を恐れぬ一進一退の攻防を繰り広げる様にプロレスとはなんだろうと哲学の領域に突入しつつ面白いのがプロレス!と悟りを開けたのが収穫だ。

これドームでもいける内容だったぞ!先のモンゴリアってた試合と合わせ、例え先輩だろうと徹底的に叩き潰すエンパイアの姿勢が明確になったのはよき。

第5試合 ドラゴン

コブとあんなはちゃめちゃな勝負できた鷹木相手に決してコンディションがいいとは言えない棚橋が挑んで大丈夫だろうかと少し思ってた……すいませんでした!!めっちゃ面白かったです!

まるで互いの領域を食い合う超能力バトルの果てのような闘いだった。序盤は棚橋が自分のペースに飲み込もうとするも、すぐに鷹木のオーラが膨れ上がりイニシアチブを握る。オラオラ系の鷹木が一方的に攻めるのかと思いきや、細かいところで光る老獪なドラゴン殺法の数々で無視できないダメージを与えていき鷹木の身に見えない穴を徐々に空ける棚橋。くぅ~。

鷹木相手にドラゴンスープレックスを持ってくるのも憎いね!真壁級の綺麗なブリッジが光る。これでフィニッシュだったら色んな意味で伝説になってた気がする。

そんなバチバチな空気を自身の歴史と経験で制した棚橋……だがそこにオーカーン様が奇襲と共に挑戦表明!ドームで負けたばっかじゃん!?

こないだのインスタライブで棚橋が推してたからってあんまりしつこいと嫌われますよ!

東郷に因縁作って無理やり引き離してはどうか度:★★★
マジキチスマイル度:★★★★★
都合の悪いことは忘れよ度:★★★★★



引用元
THE NEW BEGINNING in NAGOYA – 愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ) – 第2試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング

人気ブログランキングへ