にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

MSGを満員にした王の帰還だ道を開けろ!【Road to THE NEW BEGINNING 2021/02/01 全試合感想】

Road to THE NEW BEGINNING 2021年2月1日 東京・後楽園ホール 全試合

4試合!?いやこないだ発表あった時確認してるはずなんだが4試合!?改めて見るとなかなか衝撃的な数字だ。

その分濃密な内容になることを期待して……。

第1試合 正統派

久々のゲイブ!日記にあった通り実家には帰ることができなかったのは残念だが、代わりに闘争心を全力で燃やしているぞ!

こういうヤングライオンによるシンプルなシングルも久しぶりだなぁ……こういうのでいいんだよこういうので。

そして前回内藤にボロクソ言われた辻がバクステで練りに練った提案を出してきたぞ。

もし、内藤哲也vs辻陽太、このリアクションに5.5万人が何かしらのリアクションを起こしたら会社としても、ファンを大事にする内藤さんとしても、俺とシングルマッチをする価値はあるってことだ。具体的な方法としては、新日本プロレスのオフィシャルのTwitter、公式のTwitterにこう書いてもらいたい。“内藤哲也vs辻陽太、もし、そのシングルマッチを見たければいいねを押して下さい。

KOPWのおかげでこういう発言の自由度が上がってるのはいい傾向だと自分は思う。実際に採用されるかどうかはわからんが……ここまで具体的に提案されれば内藤側も無下にはできないだろう。

第2試合 不審者②


f:id:niwapuro:20210202160447j:plainf:id:niwapuro:20210202160510j:plainf:id:niwapuro:20210202160547j:plain

なんなんだこのオッサン!?

相変わらず飯伏がフリーダムで困る。昔も危ない方の人ではあったが、二冠を抱えた状態でのこれは危険度が段違いだ。

ただリング上やバクステでは口数少ないSANADAの本音を探るために一番口が軽そう喋る可能性が高そうなヒロムにインタビュー慣行はなかなか冴えていると思う。

飯伏「(※ヒロムに顔を寄せ、耳を手で覆って)俺だけに教えてくれよ」

ただこの聞き方はマジの不審者だからもうちょっとスマートにした方がいいんじゃないかな!?

第3試合 待ってたよ!

つつがなく進む試合。すっかりEVIL・裕二郎・東郷はトリオとして色がついてきておりバレクラというよりEVIL盗賊団と言った趣だ。

そういや石井とEVILのシングルも結構鉄板だったよなーと思っていたら……

ジェイめっちゃ普通に帰ってきてんじゃん!?なんで念入りにプロフ消したりしたんだよ!?

とにかく新日のリングに上がり新日のレスラーに喧嘩を売るということは……そういうことだと納得していいんだよな!?

第4試合 怨念

ヒールユニット同士のイリミネーションマッチという最初から嫌な予感しかしない闘い。しかも鈴木軍側はアイアンフィンガーとシューズの謎の件でバレクラに対し怒り沸騰中なので大荒れ必至。

なんだかんだ全方位に喧嘩を売り続けることができるバレクラのヘイトコントロールはさすがだ。試合は完全に奪う者と取り返す者の争いで世紀末を思わせる無法地帯になり自然とこちらのテンションも上がってくる。

イリミネーションマッチの性質を利用してDOUKIの闘いが長く見れたのがよかったなー。特に体格も技の相性も悪いタマちゃんへ果敢に挑む姿に心の中の母性が思わず溢れそうになった。

そういやタマちゃんといえば……

飯塚の怨念に取り憑かれそうになってるんですがそれは大丈夫なんですかね……?


ちょっとSHOがかわいそう度:★★★★
結局離反フラグはなんだったの度:★★★★★
ファンタイジ度:★★★★



引用元
Road to THE NEW BEGINNING – 東京・後楽園ホール 2021/2/1 – 第2試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング

人気ブログランキングへ