にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

悪ガキはイキイキしてなんぼ【Road to CASTLE ATTACK 2021/02/16 全試合感想】

Road to CASTLE ATTACK 2021年2月16日 東京・後楽園ホール 全試合

後楽園での連戦、どんよりムードが足を引っ張ってる……というにはまだ早い気もするが、やはり空席が目立つ。

この3日間の集客は公式発表1366人、今チケットが8500円均一の生き残り重視価格なのでそれを掛けると11,611,000円の売上となる。

そっから後楽園の使用料などを引くと粗利は約900万といったとこか……うーんよくわかんない

第1試合 雌伏の時

どうもコブのバクステを見る限り、エンパイアはオーカーンのサポートに徹して残りはNJCに向け力を蓄える時期だと考えているようだ。

そうなるとすでに倒した経験のあるヤングライオンや第3世代との闘いは温存ができて都合がいい……のか?

さらにオーカーン様はいつものように都合のいいことを忘れた罵詈雑言で棚橋をdisるかと思いきやまさかの辻勧誘。

内藤にフラれコブにも物理的に振られ傷心状態な辻の心に沁み込む甘い甘ーいツァイは棚橋を裏切りエンパイアにつけと……。

棚橋の弱体化とエンパイアの強化を両立させるとはオーカーン様は本当に頭の良いお方。

第2試合 蕾

ちょっとその、見どころというかね、SANADA乳首攻めを果たして真面目に語ってよいものかと……。

ああいうクールな男が慣れない刺激で悶える姿というのは万国共通で心の琴線に触れるものなの。

それもTシャツの上から1回、半端に脱がして1回、禁断の乳首レイズのツーペア勝ち。しかも脱がした時は顔を隠して表情を見せないことで観客の想像心を掻き立ててくれるというオマケまでついてるなんてすっげえぜ。

ファンタズモプレゼンツ新日乳首図鑑……ふふふ。

第3試合 お父さんをいじめるな

キレた石井はやっぱ怖い!どれだけジェイの暴虐でその身を削られようとCHAOSの、もとい自分のレスラーとしてのプライドがある限り立ち上がり続ける!

同時にこんな怖いおじさん相手でもへらへら的確に反則を決めれるジェイも凄いよねという話にもなる。だが今日のジェイは石井の地雷を踏み過ぎた!


f:id:niwapuro:20210217110011j:plainリング上のわめきとかも翻訳ほしいよね

司令塔たる外道を半殺しに!そうだよね、冷静に考えると外道が一番アレだもんね。

唐突な野郎外道攻めにジェイは普段の余裕ともヒステリーとも違う激情を吐き出す。なんだかんだ外道の存在が重要だと伝わってくるね。

第4試合 神殺し

ここ最近ちょっとテンションのおかしい内藤だが、この日も神相手に不敬を働きまくる。

相変わらずレスラーとしての飯伏は大好きなんだねぇ……永田の相手は鷹木に任せ、飯伏の膝を執拗に攻め込む。

やはりこういうテーマを持った試合をさせると内藤の輝きようは尋常じゃない。飯伏は頂点にいるが故に色々やり方を模索して頭がいっぱいいっぱいだろうから猶更だ。

このままでは内藤に勝ったとしても求心力に影響が出そうだが、それを一番痛感しているのは飯伏自身だろう。無言のバクステの哀愁……。

第5試合 ロアの日

すげえぞロア!GoDがなんか行動起こす時どうしてもタマちゃんが目立ってしまっていたが、ここにきてロアの単独でのクオリティが急上昇!

元々GoDのタッグ力は相当高かったが、流れるようにタッグモードとシングルモードでファイトスタイルをスイッチさせる姿が漫画的でかっこいい!

コスチュームのせいで隠れがちなその恵体が生んだパワーとスピードで成立するそれは、新日内ではロアの個性と言い切ってもいいだろう。

NJPWストロングから片鱗が出ていたけど、YOSHI-HASHIを軸にするだけでここまで跳ねるとは予想外。正直タッグよりも2人のスペシャシングルマッチ組んでほしいわ。

※追記:27日にやってくれるそうです。ヤッター。

しかし悟空ギミックのYOSHI-HASHIにエイプシットとはまた何とも皮肉な……。俄然IWGPタッグの流れが気になってきたぞ。そして後藤はもうちょっとオラオラいってほしい。


ツァイはモンゴルのミルクティー度:★★★★★
寿司食べたい度:★★★★★
ロアとYOSHI-HASHIはシングルでよかったんじゃないか度:★★★★★


引用元
Road to CASTLE ATTACK – 東京・後楽園ホール 2021/2/16 – 第3試合後 | 新日本プロレスリング