にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

ピンチはチャンス!ジュニアを支えるのは誰だ!?【Road to CASTLE ATTACK 2021/02/25 全試合感想】

Road to CASTLE ATTACK 2021年2月25日 東京・後楽園ホール 全試合

「Road to」だがジュニアタッグ王座決定戦というクソ重要な試合のある本日のCASTLE ATTACK!

ヒロムの怪我で一気に色んな運命の歯車が急激に回りだしたがジュニア戦士たちは何を思うか。

第1試合 支配者の糸

以前も辻に勧誘を仕掛けてきたオーカーン様だが今回はエンパイア全員で優しく扱ってらっしゃるぞ!?

かつての先輩ヤングライオンと棚橋の間で揺れる心を必死に抑える姿は青春……。

f:id:niwapuro:20210226221236p:plain四つん這いになれよ

ただこう、アアーッとかじゃなくてもうちょい(泣くように)とか(悲鳴)とか、読んでて違和感のない書き方にしてくれませんかね……。

第2試合 怨恨の果ては

多分店に大きい予約が入ってた矢野が速攻で決めてくれましたぁー!

しかし相変わらずこんなんじゃ物足りないと試合後もボコスカやってくれるオカダとEVIL。

あまりの侮辱にさすがのオカダも血が上ったのかイスを持ち出してきたぞ!その身長体格でイスは洒落にならんて!

EVILはオカダにトラウマを刻んでやるとか親の仇系サイコパスみたいなこと言ってるが、完全にそっち方面でやっていくのだろうか……。

第3試合 さす殿

こちらもだいぶドロドロした抗争を繰り広げているんだが、後藤とYOSHI-HASHIがいるとなんかそれだけで場が和むよね。

さらに以前より過酷な環境で闘わされる機会が増えたおかげかチームプレイも抜群!タマちゃんから3カウント取る大金星だ!

2人の癒しエナジーを浴びたおかげかあんだけ殺人未遂首絞められて絶賛ブチ切れ中の石井も感情だけに任せず、後藤が勝った舞台を崩さぬようだいぶ不満げだけど矛を収めている。

バレクラというかジェイは執拗に挑発はキレない方がおかしいんだがよく耐えたよ……。

第4試合 言葉よりも想いよりも

これまでは何かを賭けてというよりかはプロレスがしたいからという理由でぶつかり合うことの多かった内藤と飯伏だが、この日2人がまとう空気は全く別物だった。

それは試合内容にも表れており、子供の頃夢見たプロレスを再現するのではなく、素直になれない者同士が激しく意見をぶつけ合うかのような根のアツい試合の片鱗が見えた。

試合はジャイアンが華麗に自分のものにしちゃったが、今までにない2人の表情と対話に思わずきゅんとしてしまいそうになる。

第5試合 ジュニアに新たな風が吹く?

ヒロム関連で色々ドタバタしたせいで悲しむベルトさん回収のためにデスペ金丸がサイコ野郎とセーラーボーイズに闘いを挑む!

何度でも言うがこういう時の金丸は絶品、観戦には行ってないけどそれだけのために万払ってもいいくらい的確でハイレベルな技とサポートの数々が見れる。

ズモもちょっと前のオスプレイを思わせる……どころか超えかねない空中浮遊ぶりは圧巻。そのくせ好き放題引っかきだの乳首攻めだの勝敗には直接影響しそうにないけど地味に喰らいたくない技を連発するからタチが悪い。

しかしズモは調子に乗りすぎた!当たれば必殺、誰もが警戒していた謎のスーパーキックを金丸に利用され石森にフレンドリーファイア!結局謎は解けなかったがタッグ戦においては明確な弱点発覚だ。

有無を言わせぬ勝利後デスペはIWGPジュニアの行方に物申し。実は試合開始前にヒロムがリングに上がりIWGPジュニア返上と共に「俺の代わりにズモvsBUSHIでやってください」と言葉を残しており、それに噛みついた形だ。

もし今日負けてたら何も言えなかっただろうがデスペ勝ったからね!そりゃ当然口を挟む権利があるってことで久々の3WAYマッチ決定。なかなか面白い展開になってきたな!

……SHOとワトさんも絡んでいいのよ?


アアッーじゃなくてよかった度:★★★★★
タイチが素で笑っててこっちまで笑顔になった度:★★★★
石森vs金丸のIWGPジュニアも見たい度:★★★★★



引用元
Road to CASTLE ATTACK – 東京・後楽園ホール 2021/2/25 – 第1試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング