にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

後藤洋央紀はライガー・真壁・棚橋路線を辿るのか

決して多いわけではないが、後藤の外部出演が増えてる気はしないだろうか。

後藤は天然でほわほわしたとこはあるものの、顔はいいし声もいい、何気に演技力も抜群という俳優として見ると逸材だったりする。


これまではIWGPを目指しがむしゃらに闘い続けてきたが、ここ最近は急激な世代交代かつ実質ベルトが減るということもあってちょっと暇が増えたから他の仕事もやらせてみよう、何なら新しいTVスターを作ろうとしているようだ。

新日でテレビ露出が多いレスラーといえばみんなライガー、真壁、棚橋の名を挙げると思う。

だがライガー知名度こそあるが現役引退している故『今』の新日本プロレスを直接伝えるには少し足りない。真壁はスイーツブレイクの峠を過ぎたことで新たな売り出し方を模索中、棚橋はそもそも働きすぎなのでこれ以上何かを背負わせるとやべえことになる。

なのでこの3人より若くドラマ向きなタイプである後藤を育成し新たなプロレスファンを発掘しよう!と会社は考えているのではないだろうか。

別媒体でレスラーを見かけるのは道端で三毛猫のオスを発見した時のような嬉しさがあるものの、一方で今の真壁のように参戦率が下がるのかと思うと複雑な気持ちだ。

特に3人と違って後藤はまだ頂点に手が届いてないから試合数減少=チャンスを逃すのはかなり痛手だ。まだまだ41歳、IWGPを狙うには歳を取り過ぎているということはないが……。

飯伏相手に押してダメなら引いてみる作戦やってた頃が懐かしいなぁ……今も通じるのかなアレ……。

でも芸能活動で知名度上げてみんなからめっちゃ応援されるようになる後藤も見たいジレンマ!人の身体は何故一つしかないんだ。

後藤はそういう運命、新日を支えるレスラーをさらに支える苦労人としてのポジションに収まってしまうのだろうか。

正直この調子でレスラー外の仕事が増えていくようなら我々ファンは覚悟をしなければならないかもしれない。そしてそれでも諦められないなら統一ベルトというアンタッチャブルであり未来しかないベルトの存在に賭けるしかない。

後藤がこれまでのIWGPヘビーに求められていなかったと言うのなら、新たなベルトの歴史の始まりに割り込めばいい。

そしてライガー・真壁・棚橋同様、皆に愛される王者として堂々と新日のプロレスを発信してもらいたい。