にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

血気盛んな男たちがどんたくを盛り上げる!【Road to レスリングどんたく 2021 2021/04/15 全試合感想】

Road to レスリングどんたく 2021 2021年4月15日 東京・後楽園ホール 全試合

今回は無料配信なし!残念だが毎回毎回やられちゃワールドの価値が下がるからしょうがねえ。

しかし改めて見ると結構なげえシリーズだよなこれ。適度にスカしてくる邪道と10何回も顔合わせする羽目になってるDOUKIの心境はいかに。

第1試合 俺のジュニア

全体的にSHOを教育してやろうとする感じの試合だったなー。良くも悪くもデスペ金丸の目はYOHに向いていない。

それはバクステでも充分表れているんだけど、ベルト戦を考えるとまずYOH潰しに走るのがベターだと思うが実際はSHOのSHOがビシバシヤられる痛々しい展開だ。

もしかしてSHOの怒りや嫉妬といった感情に訴えかけて、遠回しに3Kのプロレスを自分好みに塗り替えてやろうとしているのでは……。

第2試合 照り返し

こんなにずっとキレてるとシリーズ終盤になった頃にはタイチの怒りも収まってそうなくらい仲良く喧嘩大暴れしているが大丈夫なんでしょうか。

あとこのシリーズ終わってGoDに勝っても負けても、これまでのタイチのスタイルに戻れるか不安だ。アイアンフィンガーもそうだが過去のタイチにとって大切だったものが変化しているように感じる。

まあタイチのことなんで全てが終わったらいつもの適度にすかしつつ全日を背負って昇華するスタイルにしれっと戻りそうだけど。

第3試合 闇慣れ

今日も後楽園だし多分ダークネスワールドるなと思ってたら案の定!この展開になれた記者がフラッシュ連打、観客もライトをつけたりと順応しており恒例行事と化している。それでいいのか!?

あとなんでEVILが自分でスポイラーズチョーカー使ってんのかと思ったら今日東郷参戦してなかったね。てっきり闇を味方につけたことでパレハ契約切ったのかと思っちゃったよ……。

しかし元二冠王者が思惑はともかく普通に巾着かぶせられて雑に処理される光景はちょっと泣いちゃうね。泣く。

第4試合 心の勝負

連日リングでもバクステでも続く2人の挑発合戦はどちらも一切折れる気配がなく泥仕合の模様。子供の喧嘩か。

なんかもうお互いどっちが先にキャラを崩すかの勝負だよねこれ!?ただ罵倒がストレートなオーカーン様と揚げ足取るの大好きな内藤だと内藤に分がありそうだ。

内藤の心を折り帝国の威信を高めるならば試合で見せつけるのが一番……ということを理解してクレバーに立ち回る内藤のプロレス力よ。

第5試合 脱皮

うーんアーロンが素晴らしいね!解説でもライガーが触れていたけど、これまでのアーロンが一切見せてこなかったはずなのに完成度の高いファイトスタイルを出してきたのは本当すごい。

逆に本隊自体は色んなしがらみで自身を縛り付けてたってことになるのがちょっと悲しいね……いやでも推しが光り輝いているならそれが一番です。

幸い試合数が多いから闘い方を把握する期間は多いものの、SANADAはアーロンに対する見方を大きく変える必要に迫られたはず。

これまでは闘牛士のようにアーロンの力場をそっとSANADA流に撫でてやればよかっただろうけど、今は純粋な暴力の塊。ジュースや鷹木のそれより悪質なナックルにどう対抗するのか非常に気になる。

なんとか真壁と棚橋ともシングルしてほしいなー。


会場に落ちてたら警察に届けましょう度:★★★★
髪のことはブーメランになりますよ度:★★★★
色合いのせいで高まる鷹木のエンパイア度:★★★★