にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

贅沢な前哨戦に試されるハングリー精神!【Road to レスリングどんたく 2021 2021/04/19 全試合感想】

Road to レスリングどんたく 2021 2021年4月19日 東京・後楽園ホール 全試合

NEVER6人タッグに挑むため、まずはシングルで各々の因縁を清算……逆じゃね!?

しかし試合数が少ないとマニアックなシングルも減りがちなのでこういうのは大歓迎だ。

第1試合 渋め

実に玄人好みの組み合わせとは思わないか……EVILが一番若いんだな。プロデュースもしつつこうやって試合を回せる外道はさすがだ。

それに東郷が介入でなく一レスラーとしてイキイキ動いているのを見れるのはいいね!年齢を感じさせない動きがよきなんですよ相変わらず。反則については目をそらしつつ。

そういや今回闇がテーマのKOPWはいつの間にか矢野通提案『暗闇創造黒頭巾マッチ』に決定していたな。今までで最も矢野案に迫ったのがカメラ映り最悪で、特にワールド勢には辛いダークネスマッチってのもアレだな!

第2試合 一本指打法

ロスインゴとエンパイアのフルメンバーによる豪華な抗争は個々のレベルも高くて見ごたえ抜群!ヒロムは悔しいだろうなぁ。

特に内藤とオーカーン様は口も動きも激しくぶつかり合いながらも歯車が嚙み合ってて最高だ。今日も元気に足立区Disとオーカーン様の求心力Disの不毛な闘い。

ただ今日はタイピングの拙さについてボロクソ言われた時グラシアスでその場を濁していたけど、まさか内藤マジで……。

第3試合 強くある

なんか……とても辛く悲しい試合だったな。今の裕二郎のマックスが出たように感じた、少なくとも自分はそう思ったが、石井はそれを圧倒した。

しかも解説の棚橋がしれっと裕二郎が大胸筋断裂経験者って明かしてたけど初耳だよ!今のヒロムと同じ症状だが、当時の裕二郎は無理して試合を優先していたため完治できなかったと……。

怪我に泣かされるのはプロレスの常だが、それでも諦めず悪の道を貫く裕二郎の背中はとても大きく見えた。

第4試合 全国の小さい系男子へ

特に何か記念的なことがある訳でもないのにヘビーとジュニアのシングルが見れるという幸せ!なんかとりあえず石森を応援しちゃう!

しかしジュニアの中でも相当すばしっこい方の石森についていける後藤もさすが。どの必殺技にも繋げられるというコンボ性能の高さでじりじり石森を追い詰めていく。

だが技のデパートのわずかな隙間を縫うように炸裂した不意打ちの逆さ押さえ込みでまさかの勝利!棒にも介入にも反則にも頼らない文句なしの勝利で大物食い達成!……普通に負けちゃった後藤どうすんのこれ!?

第5試合 愛棒

突然G1に殴り込んできて柴田を裏切って東京ドームで最悪のバッドエンドを起こした張本人がYOSHI-HASHIの棒でキャッキャしてる……今のKENTAを見てたら文句言えねえ!

特にこの2人はなんだかんだで相性いいんだろうか、棒のことを抜きにしても攻防がなかなか面白いぞ。YOSHI-HASHIの受けとKENTAの容赦ない攻めがベストマッチだ。

棒のこと抜きに普通に因縁ふっかけてシングルでよかったんじゃなねえかなとも思うが、YOSHI-HASHIって妙に控えめなところがあるからこのくらい無理やりやるしかないんだろうか。

しかし冷静に見なくても一歩間違えたら安いコントにしかならない棒の争い奪い合いをここまで昇華したKENTAは自称した通り本物のエンターテイナーだ。そのWWE仕込みの演出力はもっと若手に伝授するべきだと思うね。特にワトさん。

今回のバレクラ勢……普段の卑怯さを最低限にし真正面から叩き潰すことで一応ヒールのはずであるCHAOSに喝を入れつつのし上がってやろうという気概、矜持を感じた。

もしこれでNEVERのベルトまで取られようものなら、CHAOSは間違いなく暗黒期に陥るはずだ。それだけの吸引力を今のバレクラ日本人勢は持っている。


スマホ社会の弊害度:★★★★
Heal度:★★★★★
思ったよりだみ声度:★★★★★