にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

画竜点睛まであと一歩!鷹木を止めることはできるのか!?【Road to WRESTLE GRAND SLAM 2021/05/24 全試合感想】

Road to WRESTLE GRAND SLAM 2021年5月24日 東京・後楽園ホール 全試合

いやー長かった!コロナ初期ほどではないけどだいぶ間が空いたりオスプレイが怪我したりオカダに陽性反応が出たりとショッキングな出来事も多かったが、今プロレスをリアルタイムで見れる喜びで吹き飛びそうだ!

第1試合 噛みつき(物理)

辻驚異のシングル4連戦、2番目の相手は裕二郎!……並ぶと辻の方がベテランに見えるな!

ヒール相手にヤングライオンらしくぶつかるだけでなく、掟破りの噛みつき返しを披露!とにかく何が何でも勝利してやろうという貪欲な姿勢に惚れ惚れ。

負けてはしまったがその背中は間違いなく一流だったぜ辻……!

第2試合 オーエンズゥ!

ザックのさ、サブミッションも相変わらずすげえけど、この試合チェーズの動きに目が奪われっぱなしだった。

前からレスラー間での評価がクソ高いとは言われてたけど、ここにきてザックをも食いかねないテクニックの片鱗を見せてきた気がして少しブルってしまった。

これはUSヘビー挑戦も十分ありえるんじゃね!?それかザックとスペシャシングルマッチいこう!

第3試合 テンコケ

タッグ王座戦が流れてフラストレーション溜まってるGoDにテンコジならぬテンコケが挑戦!

機動力の違いは経験値でカバー……したいところだがそれでどうにかなるGoDではなかった!ダメージこそ与えることはできても決定打には持って行かせぬ立ち回りでGoDが余裕の勝利。本間パパ黒星発進……。

解説席にいたタイチにパリピめいた挑発を仕掛けるも、珍しくタイチは動かず。なんでだろうと思っていたら、試合終了後コロナ感染していたことを告白。ザックにもしっかり休んでくれと言われそれを素直に守るという妙に素直な部分を見せつけファンを悶えさせたぞ。

第4試合 モンゴルvsカンフー

キングピンたるオスプレイが休場したことで勢いが止まるかと思いきやそんなことはなかった。なんならオスプレイより強いだろ疑惑のあるコブがエンパイアの中心となったことで以前とは違った怖さを手に入れたぞ。

あとオーカーン様とワトさんがしっかり闘うのってこれが初めてじゃなかったっけ?かつてヤングライオン杯で競った2人がすっげえ色物一流のレスラーとなってぶつかり合う光景はそれだけでも酒が進む。かなり息も合ってたしね。

でもなぁ、ヘビーとジュニアだからこういうタッグかNEVERでもない限り対戦機会がないのが非常に残念。昔あったU30じゃないけど、若手同士で経験値を上げる機会をもっと増やしてもいいんじゃないかな。

第5試合 龍の咆哮

まーた内藤はそうやって石井をおちょくるー。内藤のやり方は熟知している石井でもやっぱプライドが許さないんだろうなぁ。

一昨日の名古屋大会でも言ったけど、今シリーズの俺のテーマは、BUSHI、そしてSANADAの気持ちを確かめること。

とはいえメインは石井とのトムジェリではなく、自分の動きにSANADAとBUSHIがどうするかというのがメインテーマらしい。確かに試合後の2人は勝利したのに何だか複雑な顔してたなぁ。特にSANADA。

IWGP世界ヘビーになってから鷹木にいい風ばっか吹いてる状態だし、チームメイトとしてジェラシーが溢れていてもおかしくない。なんだかんだベルトを何度も取ってきた内藤と違って未だ頂点に届かないSANADAの心に余裕はないはず。

それを知ってか知らずか、ロスインゴの勝利ながらデハポンではなく自分の言いたいことを言いまくって興行を〆た鷹木……もう完全にロスインゴのリーダーですねこれは……。さすがジャイアン

天敵オスプレイとオカダがいない状態の鷹木とIWGP世界ヘビーを賭けて闘う男は果たして現れるのか……明日くらいには誰か名乗り出てほしいとこだ。……SANADAもチームメイトだからって遠慮しなくていいんだよ?


スペイン語と日本語喋れるとかヤバい度:★★★★
ワトさんがぼろ雑巾状態度:★★★★
「自分は大丈夫」という考えは捨てよう度:★★★★



引用元
Road to WRESTLE GRAND SLAM – 東京・後楽園ホール 5/24 – 第5試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング