にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

愛が足りてるんだぜ【Road to DOMINION 2021/06/01 全試合感想】

Road to DOMINION 2021年6月1日 東京・後楽園ホール 全試合

Abemaでも放映していた影響か無課金で見れる放送なので全人類はなるべく見よう。

第1試合 肉

ジュニアの炎が燃え盛る中になんか怖い王様いるんですけど!上村へのお年玉になるからいいのか。

デスペは病み上がりとは思えぬ動き……と言いたいところだが、まだ完全に本調子という感じではなかったね。

どうも呼吸が荒く全身に酸素が行き渡ってない感じがするのがちょっと不安だが、バクステを見る限り単なる運動不足のようだ。

第2試合 こちらのジュニアは

久々のズモはテンション上がるね!ここはワトさんに参加してほしかったなぁ。

そしてEVILも約1ヶ月ぶりの登場。東郷と一緒とはいえ長期休みなしで各シリーズを走り続けてきたからようやくリフレッシュというとこか。

試合は石森がお説教マスクタイガーマスクを軽々と沈めて終わったが、ここから本隊ジュニアとバレクラジュニアの抗争になるんだろうか。

第3試合 導火線

飯伏「(憮然とした表情で)俺が悪いんだろ? 俺が悪いんだろ?(と言うと控室のドアをバーンと叩いて退場)」

んん~色んな意味で危険な領域に突入しつつある~。英語わかってるか怪しいけどコブに強敵以上のよろしくない感情を抱えつつあるようだ。

このまま行くといつぞやの内藤戦以上にえげつない、なんならDDT時代の飯伏が帰ってくるんじゃないかとハラハラする。

確かにガチムチオリンピアンならちょっとやそっとじゃ怪我しないだろうけど、相手人間だからね!?一線は超えないでね!?

第4試合 制御不能であること

NEVER6人タッグ挑戦を表明してからのロスインゴは、かつてのやりたい放題だった頃を取り戻したようで胸が熱くなるね……!

また後藤と石井が真っすぐなもんだからより輝くんですよ。YOSHI-HASHIは……なんか恨み買ってんのかというくらいボコボコにされるね。

すぐ横にIWGP世界ヘビーを控えた男がいるというのに内藤はそれを食わんと激しい攻めと連携でCHAOSを苦しめ、頂点への道から外れていてもロスインゴという存在は最高に変わりないことをしっかりアピールしてくれてマジ推せる。

第5試合 アベチャン

ついに……ついにあべみほが新日のリングに帰ってきたぞ!デンジャラステッカーズにとって絶対に負けられない大一番での帰還はずるいよ!

f:id:niwapuro:20210602172403j:plain

そんなあべみほにタマちゃんあんたって人はぁー!?デイーヴァだからってソーシャルディスタンス守らなくていいってことはないからな!

だがそれが愛を捨てたはずの聖帝の心に火をつけた……のを感じ取ったザックの大活躍!これまでは紙装甲が売り難点だったザックがタマちゃんとロアの猛攻を耐えきるという、涙なしには見れないタッグ愛が爆発だ。

邪道外道の乱入もDOUKIが防ぎ、皆がタイチにベルトを巻かせるために足りない部分を補うという圧倒的家族愛!愛ばっかだなこいつら!サンボマスターか!

あまりにも感情振るわせレベルが高すぎてまたこの組み合わせでやってほしいと思っちゃうよこれ……色々積み重ねや物語がありすぎて、あと数年はGoDとデンジャラステッカーズに並ぶタッグチームは出ない気がする……。


バルファルクは慣れたら簡単度:★★★★
辻がまた闇堕ちしそう度:★★★★
もう君らベビーでしょ度:★★★★★