にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

実質メイン!?ヤングライオンのシングルを追う!4日目【KIZUNA ROAD 2021 2021/06/22 第1・2試合感想】

KIZUNA ROAD 2021 2021年6月22日 東京・後楽園ホール 全試合

本当はフォーエバYOSHI-HASHIとイビ様のなんともいえないポジションについても書きたかったけど、こんなタイトルで始めちゃったからもう止められないね……。

第1試合 ぶつかり稽古

前から鈴木軍のお手伝いしてたという噂のある上村、そのせいかタイチは辻の時以上にドンと構えて受け止めている。

とにかく若手相手には相撲の精神が燃えるらしいタイチは上村のぶちかましをねっとり味わいながら痛い反撃で稽古をつける。

特にアックスボンバーは上村の受けもあって極上の一撃!いいねえこの若さ迸る相手に歴史の重みを突き付ける瞬間……。

仮にも大事な試合を控えてるレスラーとは思えない相撲道の精神はもうすっかりベビー寄りのヒールだが、もしこのまま内藤SANADAに勝ったら完全に鈴木軍のカラーに合わない存在になりそうだな……。

……もしかしてザックと共に道場入りをしきりに勧めるのはそういうこと?昔なら単なるジョークの一つと流せるが、こんな状況なので勘ぐっちゃうよね。

第2試合 関節

関節王子に最近ルチャでジャベってるナチョリブレ辻が挑む!これがまたどうして意外と噛み合う。

得意のパワー勝負で紙装甲を打ち破るのではなく、関節という相手のフィールドに乗り込む勇気と覚悟がいいね!

しかし段々ルチャ技が増えすぎてもうすっかりベテランルチャドールの風格だな辻……いったいどこで覚えたんだろうか。

新日でルチャと言えばデスペとDOUKIだけどまさか……さっきのタイチと合わせるとなんかすごい線が繋がる気がする~!

毎年ぽっと挙がってはすぐ風になっちゃう王様追放論とうとうきちゃう!?


両国のメイン狙ってる度:★★★★★
首で4の字できるんだ度:★★★★★
デンジャラス・ドージョー度:★★★★★