にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

実質メイン!?ヤングライオンのシングルを追う!5日目【KIZUNA ROAD 2021 2021/06/23 第1・2試合感想】

KIZUNA ROAD 2021 2021年6月23日 東京・後楽園ホール 全試合

なんかヤングライオンのシングル増えてるんですけど!?まるで辻だけには贅沢させんぞと言わんばかりに鷹木参戦!というかベルト戦を控えた2人がここに来るとは思わねえよ普通!

第1試合 重み

ヤングライオンに見えないヤングライオンと、ちょっと前までヤングライオンだった支配者の対決はなかなかの重厚感。

しかもいつもの支配者ムーブをあまり使わず、素の能力で辻を押し潰して力量の差をわからせようとする男臭さがたまらねえ。

どっちも顔が色々と濃いからここだけ時空が昭和にねじ曲がったような錯覚に陥る。HD解像度の昭和ってこんな感じなのかなぁ……。

そして基礎中の基礎、まさかの逆エビ固めで辻を沈めてからのこのバクステ。

甘えてるんじゃ、てめえらの根性はよ。ここは世界一の団体で、世界一のレスラーと戦ってんだぞ? 何を海外に求めてんだよ。てめえらの頭の中には試合も移動も給料も全部全部用意してもらって、甘えてんだよ! それがムカつくんだよ。それが出てんだろ、試合に。この3年間、行けねえのはてめえらが甘えてっからだ。

オ、オーカーン様の荘厳で品格のある檄……一生ついていきまする……。でもフェミ発言は色々とマズいですよ!

第2試合 見た目もヤング

どこかねちっこい雰囲気のあった前試合と違って爽やかな試合に……ならなかったな!なんでここでちょっとヤバい方の飯伏が出てくんだよ!

まるで鷹木戦に備えてかつての自分を取り戻すように、何なら上村を過去の自分と想定して力比べをしているようにも見えたな。

なので同じ本隊でありながらヤングライオンの教育というよりバキのリアルシャドーを現実でやろうとしている感じだったのは少し残念。上村はそこまでイカれてねえよ!

まあ調子上げてる最中の元王者と闘えたというだけでも価値はあるんだが……怖い方の飯伏を引いたのは運がいいのか悪いのか。

ところでラストの逆片エビ固め、オーカーン様があれしてなかったら多分普通のエビ固めするつもりだったよね?


国内デビュー待ったなし度:★★★★★
飯伏のご飯度:★★★★
辻はエンパイア入りでいいよ度:★★★★★