にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

YOHがエンパイア入りする確率を勝手に計算しよう

それから“ヨウ”…(※と言い残して立ち去る)

(※いつもと違って怒り口調で)オイYOH、コラ、コラYOH……

最近オーカーン様がYOHにご執心だ。先日某漫画の最強キャラのとんでもない事実が明かされたのに合わせたかのようなこの展開は色んな意味で怖くなるな!

冗談はともかくオーカーン様がこうやって匂わせてくるということは何かしら動きがあるのは確実ということで、そうなると一番可能性あるのはYOHのエンパイア入りを考えちゃうが……可能性としてはどんなものだろうか。

ということで節目節目の状況を振り返りながら勝手に確率を計算していくぞ。

復帰戦

まず以前からエンパイアはヘビー級ばっかでジュニアの戦力ゼロ。本人たちは新日の支配=IWGPという感じで特に気にしてない風だったが本当に全てを支配下に置きたいならジュニア戦力の追加は絶対だ。

そこで長期欠場明けの復帰戦という唐突なヒールターンがあってもおかしくない状況で復活したYOH。確か一部でも裏切るんじゃないかとちょっと話題になってた気がする。しかしこの時のコメントは……

パートナーが、SHO君でよかったです。ロッキーさんがいてよかったです。ROPPONGI 3Kで、CHAOSでよかったです。

まあなんて優等生ざますの!非の打ち所がないイケメン発言で裏切りのうの字もないぞ。

エンパイア加入率:0%

デスペに敗戦

復帰直後にベルト取った勢いでデスペに挑んだけど敗戦……闇堕ちとまではいかないけど全力を出し切れない自分の身体を呪ってもおかしくはない。

それまでひたすら、自分を磨いて、自分に期待して、自分を信じて、生きていきたいと思います。

この前向きなようで未来の自分に丸投げしちゃってる悔しさが伝わってくるね……。

シングルで記録としての結果を残してないのはSHOも同じなんだが、あっちは色々濃厚な経験してるから「タッグで勝てるのはSHOがいるからでは?」思考になっても不思議はない。


エンパイア加入率:10%

石森ズモ組に敗戦

※YOHはノーコメント

サドンデスでやられたとはいえ完全ノーコメントはメンタル心配しちゃうよ!

直接取られちゃってるから実質自分の実力で2度ベルトを落としてる感じになるからなぁ……。SHOが割と元気そうなのでよりYOHの暗黒加減が引き立つ。


エンパイア加入率:30%

SHOにセコンドとして呼ばれない

SHOが一人でGLEAT旗揚げ戦に乗り込み未来を感じさせるメインを闘い抜いたのは記憶に新しいが、実はセコンドにいなかっただけで飯伏とワトさんはあの会場にいたらしい。

……そう、飯伏とワトさん。YOHじゃなくて。格闘技的エッセンスの多いUWFだから得意そうな2人を連れてきただけなんだろうけど、相棒が東京ドームシティにも後楽園にもいないってのはちょっと匂わせが過ぎますね……。

エンパイア加入率:50%

コブにぶんぶん投げられる

この試合はオカダとコブのデカいもの対決が主軸なのだが、しれっとオーカーン様がこんなコメントを残してる。

言っておくが、“ニュー・コモンウェルス・キングピン”の余が帝国を導いているあいだは更なる軍備強化ができている。

冒頭に記載した意味深なコメントの前にこんな言葉があったのだが、これはアーロンが加入した時と似たような流れだ。

アーロンはエンパイアする前にボロクソ負けて完全にメンタルやられているところにエンパイアがたらしこんだ声をかけたことで加入が実現している。

これは2度もベルトチャンスを逃し、挙句の果てにコブからゴミのようにぶん回されてプライドもポッキリいってるYOHも似たような立場だ。

こんな説得が容易な状態で燻っている好条件のレスラーをオーカーン様が見逃すはずがない……可能性はグッと高まってきたな!

エンパイア加入率:70%

ということでにわプロが予想するYOHのエンパイア加入確率は70%!独自の計算なのでぶっちゃけ大した意味はないが可能性は高いと自分は予想してるぞ。

まあ外れたら外れたで……責任は取らない。





引用元
SUMMER STRUGGLE in SAPPORO – 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 2021/7/11 – 第4試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
SUMMER STRUGGLE 2021 – 秋田・ナイスアリーナ(由利本荘アリーナ) – 第4試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
SAKURA GENESIS 2021 – 東京・両国国技館 – 第5試合 | 新日本プロレスリング
DOMINION 6.6 in OSAKA-JO HALL – 大阪・大阪城ホール – 第3試合 60分1本勝負 – IWGPジュニアヘビー級選手権試合 | 新日本プロレスリング
KIZUNA ROAD 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/6/23 – 第5試合 60分1本勝負 – IWGPジュニアタッグ選手権試合 | 新日本プロレスリング