にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

衝撃のケツ末!メガ・コーチズ改め!キング・コーチズ【SUMMER STRUGGLE in SAPPORO 2021/07/17 全試合感想】

SUMMER STRUGGLE 2021 2021年7月17日 東京・後楽園ホール 全試合

すっかり暑くなったところに投げ込まれる久々来日組のアツいシングルとは粋な采配。割と裏方寄りの活躍が多いのに今なおシングルの期待値抜群なロッキーのすごさよ。

第1試合 今を見ろ

馴れ合いはしないけどなんか最近組み機会の多い棚橋と石井。そういやこの2人のシングルっていつ以来だっけ……。

そんな若手を引き連れ前向きオーラ満載の棚橋に噛みつくKENTA。前からちょいちょいコンプレックス拗らせた絡みをしていたが、今回も鬱憤爆発。普段から割と荒っぽい攻め方だがそこに複雑な感情が乗っているせいか何とも言えない気分になる。

前も鷹木にNEVERのベルトの扱いについてひと悶着あったが、確かにここ最近の棚橋はどこか天から目線というか諸々を客観視しすぎて、棚橋個人の熱量が下がってる……のかもしれない。

第2試合 デロデレ

さっそくのリマッチが決まってやたらゴキゲンなザックがあんな嫌ってた内藤をやたら求めていてとうとう好みが変わったのかと思ったがそんなことはなかった。というかしれっといる王様が怖いよ!

さすがにもうあの試合でお互いのいいとこ悪いとこはしっかり把握したようでもはや阿吽の呼吸……というかカップルのいちゃつきのそれに片足突っ込んでるんですがそれは大丈夫なんですかね……?

前回の試合が面白かった分ドームでのハードルは爆上がりだし、2組なりに高め合っている結果、なのかもしれない。

第3試合 足の狙撃手

フライヤーなのに足の関節狙いという渋すぎるセッティングの技巧派ロビーが久々の来日!あれからさらに研ぎ澄まされた技術がデスペを追い詰める!

いやー相変わらずすごいテクニックで見惚れちゃうね!そしてデスペだけでなくDOUKIのパフォーマンスも向上しているのが印象深い。

新日に来てからは負けが多いDOUKIだが、こういうところで本来の技巧者ぶりを発揮してくれるのは非常にありがたい。

第4試合 ケツでしょ

石森のセーラーボーイズ入りがかかった大一番、ややシリアスな雰囲気から立ち上がった試合はさすがの噛み合い方。キラーともファニーとも異なる職人田口がトップ層に食いつく迫力はすげえ見ごたえだ。

最近は尿酸値が溜まりすぎたせいなのか試合が少なめだった分今まで不足していた監督分がどんどん補給されていきますよ!

f:id:niwapuro:20210719091251j:plain
海野モザイク

そんな試合を決めたのは生尻だぁー!やだー最低!というか監督が石森に勝ったのって何気に初めてじゃね!?こんな勝ち方で……いいのだ監督は!尻出した瞬間悲鳴に近い歓声が沸いたのは草なんだ。

第5試合 サドンデス

そんなASSな展開にブチ切れたズモが乱入し、それを止めるようにロッキーも飛び込んでシームレスな試合スタート!まるでゲームのイベントシーンを見ているかのような華麗な展開にこれからの30分が最高になると確信したぞ!

今日はジュニアの意地ばっかりが見えるが、暗にドームでジュニアの試合順が早いことに対する試合による抗議に見えるのは自分だけだろうか。

特にサドンデス以外のほぼ全てを出し切ったズモを受け止め、ギリギリの引き分けにまで持っていたロッキーの意地は胸にくるね……!前回のズモ戦もそうだったがエモすぎるよロッキー!

オイッ! 石森はん、ファンタズモはん! アンタ、おかしいでしょ、おかしいやろ。ファンタズモはんの足、なんか入ってるんやろ? なんか入ってますやろ、ソレ? あんな、なるわけないやろ、ロッキーはんが。オイ、ドームでベルトと、そのファンタズモはんの右足の秘密、暴いてやるよってに。しっかり覚えときや(場内拍手)。アンタら、ドームまでや。わてらが、われらがベルトを獲るんや。ちょっと待っておくんなまし

そ、そんな視界がピンクと黄色のキラキラでデコられてる時にこの監督はぁ~!?なんで東京の後楽園で宮城県とカナダ出身の相手にエセ関西弁ぶつけてくるんだよ!

まあ闘いすぎてボロボロの状態だからマイクができないからしょうがない……のか?とにかくドームに向けてのテンションは一応上がったな!


ここ最近はタッグの前哨戦にシングルやってるのが恒例になりつつあるけど、やっぱ個性をぶつけ合うのはシングルがわかりやすいし普段見れない組み合わせもあるから今後もぜひ続けてほしいね。


電話取材ってマジか度:★★★★
おお無礼なケツ度:★★★★★
ナカサレタゾコノヤロー度:★★★★★




引用元
SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/7/17 – 第4試合 30分1本勝負 – スペシャルシングルマッチ | 新日本プロレスリング