にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

燃える龍に打たれたのは水か油か【SUMMER STRUGGLE 2021 2021/07/27 全試合感想】

SUMMER STRUGGLE 2021 2021年7月27日 東京・後楽園ホール 全試合



第1試合 贈るラリアット

f:id:niwapuro:20210728125448j:plain

親子ほど離れた男同士のラリアットのぶつけ合い……!単に辻を見送るのではなく、第3世代として新日本を支えてきた理由をこめたラリアットを辻の身体に響かせる。

いつものいっちゃうぞも忘れるほど辻という未来に食らいつき意味のある敗北を叩き込む小島の厳しさと優しさが染み入るねぇ……。特に本隊のレスラーたちはヤングライオンと関わる機会も多かっただろうからその思いもひとしおだろう。

憧れの内藤戦の前に改めてプロレスというものを骨身に染み込ませた辻……幸せもんだなぁ。

第2試合 アイスのお礼

こちらは毎度アイスを送ってくれた人から敗北のプレゼントだ。だいぶ立場違うはずなのに絡む機会多いよねこの2人。

上村〜、上村の坊っちゃん。なかなかいいじゃねーかよ。もうすぐ海外か? その前に、壮行試合の前に、もう1戦オレと当たるようだな。今日以上のものを見せてみろよ、なあ。デンと、デンと、構えてるよ!
それと、今日初めて、ニュー・チャンプ、ロビー、ロビー! ロビー! ロビー! いやあ意外だったな。オレでもタップアウトできなかった、デスペからタップアウト獲ったんだもんな。う〜ん、これもこれで、面白れーよな、フッフフフ(笑)。 とりあえず、次だ次!エヘヘヘヘヘ(笑)

テンション高すぎて草。目をかけてた若手と新チャンピオンと同時に闘えて楽しかったんだろうな~。動きもキレッキレってなんでこの人ヒールやってんだ……。

第3試合 明日って今さ

矢野がKOPW奪還をアピールするためオカダと棚橋を引き連れてやってきたが……何故か入場時にカバナの曲が流れる謎のミス!参戦してない人の曲もちゃんと入ってるんだなぁ。

バレクラ側は厄介なことしてくる人ばっかだけど無難にオカダがマネクリで勝利。いつものように堂々と戻ってたら……

帰国してなかったんかい!唐突な乱入、ではないか登場に会場騒然。若干ソフトに腰を痛めつけ、レインメーカー式ツアー・オブ・ジ・アイランドでKO。

……鷹木のせいで○○式が本格的に流行してる。

第4試合 目が疲れる

ジュニアタッグとNEVER6&IWGPタッグを意識した盛りに盛った大抗争。ニュージャパンランボーの時も思ったが最近目が疲れてるのか大人数を追うのが辛い……。

しかし鈴木軍なのに王様が本格的にサポート側に回ってるのはすごい違和感……いやちゃんと内藤の次に何してもいいと思われてる石井にカタめな打撃を入れているんだが。

そして相変わらずデスペ金丸組はリング上でもバクステ上でも散々3Kをこき下ろす通常営業に。ここまでくるとただの暴力ヒロインですよ暴力ヒロイン。

第5試合 ようこそ陰湿の世界へ

鷹木の正面に立てば誰もが否応なしに正面衝突を望んでしまう……というのはファンの勝手な妄想だと言わんばかりに東郷との息があった反則殺法で鷹木を挑発。

さらに目の前でBUSHIをいじめにいじめることで鷹木の怒りを限界突破させ精彩を欠かせようという魂胆なのだろう。実際鷹木のキレ方はオスプレイや飯伏に見せたものとはまるで種類が違う。

しかしなー舌戦が明らか鷹木有利なせいで精神的ダメージ感がないのがなー。「所詮制御不能とかいう偽りの自由でノビノビやってきた爬虫類ジジイが新日の頂点だなんて世も末だな、腐ってるよ」くらいの悪口がほしいんだよなー。

せっかく元ロスインゴなんだしそういうとこ絡めたスパイシーなコメントができれば色々物事が変わりそうな気もするのは自分だけだろうか。


コジマロックでもするかと思った度:★★★★★
私服の方が怖い度:★★★★★
腐ってる女性には人気だが度:★★★




引用元
SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/7/27 – 第2試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング