にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

サドンデス敗れたり?混沌のタッグリーグに光る職人芸!【SUMMER STRUGGLE 2021 2021/08/17 全試合感想】

SUMMER STRUGGLE 2021 2021年8月17日 東京・後楽園ホール 全試合

選手たちの発熱と3Kの乱が重なり試合順は大混乱。

鷹木とBUSHIは陽性だったがワクチン効果か体調に問題なしなのが幸い。こうなると同じ場にいたEVILたちも心配だ……。

第1試合 言葉はなく

な、なぜオーカーン様と本間が!?確かにこういう機会でもないとまず見れない組み合わせなので嬉しいが。

本間の全力を受け止め受け止め、相手が手を出し尽くしたところでねじ伏せる圧倒的支配者オーラを見せつけ本間を圧倒。

SHOの移籍先として有力視されているエンパイアのメンバーであるオーカーン様の言葉をみんな心待ちにしていたが……何も言わずに帰る!ただでさえSHOたちの試合がなくなってるのにじらす~!

第2試合 あの頃の思い出

KOPWをめぐって絶賛抗争中の矢野とチェーズ。個人的には色んな人の特殊ルール対決が見たいからチェーズ……と思ったけど、もし防衛したら次誰が挑むんだろうね。

うーん、前のめりに喧嘩売ってきそうなのがジュースくらいしか思いつかない……。そのジュースはアメリカだし、もしかして向こうに持ってって争いの火種にするのかな。

あんまり俺を怒らせんなよ、オイ! オイ! 真壁刀義と組んでな、ちょっと思い出したよ(ニヤリ)

なんとしてでもそれを阻止したい矢野は急な真壁とのタッグで思い出したものがある模様。もしかして怖かった頃の武器を持ってくるつもりか……?もしくは真壁の鎖を借りパクしてくるか。

第3試合 消灯

内藤とSANADAのいぬ間に何とかデンジャラステッカーズに精神的プレッシャーを与えたい後藤とYOSHI-HASHIだが、司令塔というか精神的支柱の石井がいない影響かどうにも攻め込まれる展開が目立つ。

レジェンドタッグのテンコジと一緒とはいえ乱戦に強い鈴木軍に翻弄されてしまいなかなかいいところを出せず……今のYOSHI-HASHIのスゴ味を考えればそれを跳ねのけてもおかしくはないのだが。

最近やたらいじられる就寝時間の速さを皮肉った聖帝十字陵で落とされ逆に精神攻撃を受けてしまう後藤。圧倒的だなデンジャラステッカーズ……。

第4試合 ベルトさんへ

優勝こそなくなったがジュニア王者と相まみえるということでこれまで以上に気合の入ってるワトさん。監督は……いつも通りでしたね。

まあ監督はいつも通りでも強いから怖いんだが。多分大方急造タッグとは思えぬ完成度のアニマルキングダムが勝つだろうと思われてたとこを回転足折り固めとかいうなんかすげー丸め込み方で勝っちゃったよ!

これでアニマルキングダムの優勝もなくなってしまったが、全力でリーグを走り切ったということで終わりはかなりサッパリ、次なる闘いに向けての僅かな歓談で盛り上がる。

ヒロムのジェラシーが解説席から飛んでくるも、ロビーは意図的に焦らしプレイをしてるのか決定的な挑発を行わずベルトさんをぶらぶらさせヒロムを誘う。単にヒロムちゃんワールドに巻き込まれるのが嫌なのかもしれない。

第5試合 頭使ってプロレスしました

という訳で優勝決定戦となりました石森ズモvsデスペ金丸。なんか気のせいか序盤から金丸の気合がすごいぞ。あの罰ゲームのおかげかな。

カワイイを全推しし過ぎてヒールの本分忘れてんじゃねえのかてめえらと言わんばかりに責める金丸の迫力は単に石森に強いというだけではないプライドを感じる。

ヒールの闘い方、そもそも自分らが何を求められているのか、一挙手一投足が積み重ねていった美学がラストの試合権利者を間違えさせるというお笑い沙汰になりかねない事件に強い説得力を持たせた!

代わりにデスペが洒落にならない位置にサドンデスをもらってしまったが見事デスペ金丸の勝利!デスペの後遺症のおかげで金丸のマイク〆という珍しいものが見れて眼福耳福。

デスペがダメってことはないが、リスペクトする前にまず相手とは倒すべきもので、ベルトは自分たちが価値を上げていくべきものだという傲慢にも近い自信がなければいけないということを端的に伝える素晴らしいマイクでした。

なんだかんだエンパイア紹介がないと寂しい度:★★★★
起床も早い度:★★★★
レフェリーが久しぶりに機能した度:★★★★

引用元
SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/8/17 – 第2試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング