にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

これが新日本プロレスジュニア戦士の魂!【SUMMER STRUGGLE 2021 2021/08/27 全試合感想】

SUMMER STRUGGLE 2021 2021年8月27日 東京・後楽園ホール 全試合

4連戦の最後でありワトさんとDOUKIにとってこれから飛翔できるか否かが決まる非常に大事な試合が始まる!

第1試合 悔しみ

抜群のコンディションでくんずほぐれつする2人を見つめ不甲斐ない自身を鼓舞するかのように檄を飛ばす中島よ……。

そんな中島の想いは当然2人も知ってる訳で、それまでの3戦以上に熱が入っているように見える。

結局この4連戦の間決着はつかなかったが、今後はもう安心だとこの時点で言い切れるクオリティの高い試合ばかりで満足でした。

第2試合 変すぎるおじさん

ボケっと見てたら監督がいつの間にか瞬殺されてビビったよ!しかも王様にすげえ喧嘩売ってたからそっちにやられるならまだわかる、普通に天翔ザックドライバー食らっちゃダメだよ!

こんななのに王様もテッカーズもなんかバクステでやれることやった感出してるけどなんか勝ったから全部ヨシになってません?

今日の田口の借りも、すべてメットライフドームで返してやるよ。

あと後藤、啖呵切ってくれたのはいいですがそのおじさん自業自得です……。

第3試合 肉の宮

今日は全体的にパワー系の真壁と共にエンパイアを迎え撃つオカダ。しかしこの日も一点の穴すら見せないコブの暴力に防戦一方。

新日切り込み隊長にしたい人ナンバーワンな真壁も全身全霊でコブにぶつかるもまるで子供扱い。

そういや結局例の同盟者は誰なんだと思っていたら

あーん!これまでの予想が全部死んだ!オーカーン様のカバッ!!しかも結局コメントは全部読まないとどうしようもない無間地獄めいた沼に落としてくるとはやり口がオタク向け過ぎんぞ!

第4試合 鉄柱

f:id:niwapuro:20210829155543j:plain
痛いですね……これは痛い。

たかが一発されど一発、この一撃が響いたせいか今日のワトさん全体的に攻撃力不足で苦戦しっぱなし。

もう少し天山の技を使えていたらまた流れが変わったかもしれんが、同じ足技中心のロビー相手に打撃戦挑まれてそれをスカす余裕がまだない若さが仇となった。

この辺が経験値の差ってやつなんだろうなぁIWGPは遠い。だがそんなクソみたいなコンディションでも闘志を消さずチャンスを作れるワトさんはいずれ必ず借りを返してくれるだろうという信頼感があるな!

とりあえず……それまでにグランドマスターとはなんぞやという疑問に一発で答えられるようになってほしいな!

第5試合 泥のように

ヒロム復活!……ちょっとお腹周りがぽっちゃりしてるのはまさかコブリスペクトなのか!?しかし立ち振る舞いはいつものヒロムで安心。

対するDOUKIはもうジェラシーが3乗くらいされてる表情でもう母性本能的なものが刺激されちゃう。やることなすこと眩いヒロムといい対照だ。

体重が増えてる分パワーも増したか、ヒロムの技一つ一つが荒っぽいのは相変わらずだけどすごく説得力あるように見えない?DOUKIが細身だからかな……。

対するDOUKIはどどめ色に光るテクニックで的確に勢いを殺すことでペースを握らせず泥仕合に持ち込んでいく。だが技を出し過ぎたせいでスタミナが切れたか、時間切れ前に無念の敗北。これはもうくぅ~ですよくぅ~。

(※体を起こして)負けたヤツが、もう1回やらせろって言う気持ちが分かる。悔しい。すぐにでも、リマッチがしたい。だから、(※立ち上がって控室へ向かい始める)タイトルマッチ、勝て。オマエがチャンピオンになったら、俺が挑戦する

もう完全に主人公のライバルですやん……。


これにてメラドのロビーvsヒロムはつつがなく行われることが確定したが、この本来なら横からの割り込みはそうそう許されない神聖なベルト戦を迎える2人に対し、その権威とプライドを汚さず真っ向から面白い試合を見せてくれたワトさんとDOUKIは新日本プロレスが誇るジュニア戦士のレベルの高さを未来を証明してくれたと思う。


王様の迫真顔が腹筋に悪い度:★★★★
天山カラーのTシャツも作ろう度:★★★★
日本の悪度:★★★★★

引用元
SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/8/27 – 第2試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/8/27 – 第4試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
SUMMER STRUGGLE 2021 – 東京・後楽園ホール 2021/8/27 – 第5試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング