にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

辛い時こそこの男!棚橋がメラドを熱くした!【WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome 2021/09/04 全試合感想】

WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome 2021年9月4日 埼玉・メットライフドーム 全試合

メラドと言えばドームの癖に空調が効かず、その構造のせいでクッソ暑くなることで有名だが、今日明日は残暑を感じぬ快適……ではないが少なくとも熱中症の危険性はグッと低くなるメラド向けコンディションなのは現地観戦勢にとって幸いだったろう。

第0試合 メラドに舞う

この試合はスターダムの管轄になるためTwitterの方に動画は上がってないが、ワールドの方はしっかり収録されているので安心だ。後から消されるかもしれんけど。

今回のメンバーは若手重視で組まれているらしく、確かに華やかさの中に初々しさも感じられるぞ。コーチを務めるミラノ解説もすっかりお父さん目線だ。

この辺の体重のスピーディな闘いは見ていて楽しいねぇ。特にレディ・Cはスターダムらしさ?を残しつつも長身を生かしたダイナミックでちょっと時代も感じる技主体でなかなか面白いレスラーだったぞ。

第1試合 ジョック感

まずはジュニアシングルの前哨戦。ロビーも気合入れて髪色変えてきたが、昔の洋画のジョック的立場の人がする髪型みたいになってる。

だが髪色変えてリフレッシュした分コンディションも爆上げで、同じく気合入れてるBUSHIの猛攻をタイガーの協力ありつつ捌ききって完勝。

あまりいい風吹いている状況とは言えないが、そんな中でもヒロムは高らかに笑う……多分これ弱点見つけたとかじゃなくて本当単に楽しくて笑ってるだけだろうから困る。

第2試合 ダーク♂SHO

f:id:niwapuro:20210904220525j:plain
鉄拳の仁っぽさもある。

入場コスで色々モロバレしてんじゃねーか!?黒を基調にちょっと紫と銀はもうバレクラ確定じゃねーかチクショウ!

なのでファイトスタイルも最近あんまり評判はよくない凶器と金的を織り交ぜたスタイル。真っ正面から殴り合いたいYOHの気持ちを完全に踏みにじるスタイルに会場の拍手もめっちゃ戸惑ってたな。

SHOがもう99%3KとCHAOSを裏切っているという状況で、感情はこれまでになく出たがやはり根っこのエンジンはエンスト気味のYOHは決めるべきところで決めきれず……いやSHOをまだ信用してたのかな。ともかく無念の敗北。クッソニコニコの闇の王に連れていかれるその背中にYOHは何を思うか。

第3試合 怖い人

f:id:niwapuro:20210904220607j:plain
※2児の父です。

サイコ系ヒールの次はヤクザ系ヒールがでてきたぞ!どんな大会だよ!同じ車両にいたら絶対別の車両に逃げるくらいのヤバめな雰囲気にさすがのチェーズも真顔。それ望んだの貴方自身でしょうが!

内なる鬼を解放した矢野は初っ端から手加減知らず、ギブアップまで待てないやんちゃな秘密道具でチェーズを調教ボコボコにする姿は最近ファンになった人卒倒するんじゃねえかこれ。

チェーズもストラップを使った立ち回りで普段なら3カウント取れるレベルのダメージを与えていたが、最後はハサミで目を刺されそうになるという普通に傷害事件一歩手前の蛮行に思わずギブアップ。鬼神ライガーと同レベルのやべー奴じゃん……。

第4試合 一方的

前回は決死の丸め込みで勝利したオカダだが、普段なら暑いはずのメラドが冷えてる影響で普段より動けるコブに大苦戦!というか冷えてるせいで前から悪かった腰を余計に痛めてない!?

元々パワー自体はコブの方が上なのでなんとか鉄板パターンに引き込みたいところだが、明らかにコンディションが普段のそれより悪くコブの猛攻を許してしまうシーンが続出。

持ち前のスタミナでなんとか立ち上がることこそできたが、本当に立ち上がるのが精いっぱいなようでレインメーカーまでの流れを作ることができず敗北。これはマジでエンパイアの支配が進むぞ……。

第5試合 涙の数だけ

飯伏久しぶり!そして涙腺緩いよ!最近復帰してすぐベルト挑戦するのどうなの問題が巷で囁かれておりますが、この試合に関してはもうこれ以上ない組み合わせですね。

本当に病み上がりだったのか怪しいくらいバッキバキに仕上がっている飯伏を全力で受け止める棚橋のプロレスは、まるで親子がキャッチボールをするかのようなのどかさと、熱と汗と脂を持つ黒いプライドが入り混じっているようで自分の人生を振り替えされられる。

前回の鷹木戦で飯伏の代役となった棚橋が、その飯伏の居場所を死守しつつ、そこに戻るのではなく越えてほしいということを試合を通じて伝えている様はこれぞ本当の肉体言語。

IWGPの遠さを残酷に表現しつつ一縷の望みをしっかり見せる棚橋ちょっと凄すぎない?冷静に見るとしばき合ってるだけなのに自然とそんな風景が見えてくるんですよ?

こんだけ感染者が増えている状況で誰がまたしばらくいなくなるかわからない。それでも、棚橋という男が新日本にいれば絶対に大丈夫だと、何度目かの確信を得ることができた。


敬語系ヒールは人気出る度:★★★★
生放送ではすっかりいつもの矢野度:★★★★
愛されてます度:★★★★★

引用元
WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome – 埼玉・メットライフドーム 2021/9/4 – 第2試合 | 新日本プロレスリング
WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome – 埼玉・メットライフドーム 2021/9/4 – 第3試合「KOPW2021」争奪戦 | 新日本プロレスリング