にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

金の大雨が降る日は近い!オカダとEVILの明暗【G1 CLIMAX 31 2021/09/24 全試合感想】

G1 CLIMAX 31 2021年9月24日 東京・大田区総合体育館 全試合


観衆 816人

うーんこの集客の悪さは色々勘ぐってしまう……最近はAEWのオイルマネーを全力でプロレスに使い切る姿勢もそうだし、サイバーファイトが新日ワールドにはない基本的なUIを改善したアプリのリリースを決定するなど、プロレス内外へ訴えかける施策が飛び交う中でビミョーに遅れている新日本には喝だ喝!

とりあえずこないだ初めてサイバーファイトの動画サイト見たけど最低限あのくらいにしてくれませんかね!?ほんと格差にびっくりしたよ!どんだけ選手が頑張っても土台ってのは大事なんだぜ!?

第1試合 いきなり鉄板

今日は無料放送ということもあってかいきなり棚橋後藤とか贅沢すぎる第1試合!向かい合うだけで絵になるよね~。

分かりやすい力比べ、徐々に解禁される大技、そしてクライマックスに向かって走っていくかと思いきや電撃的な丸め込み!鮮やかねぇ。

ハイフライフローじゃないんかい!という不完全燃焼感もなくはないが、久々の狡猾棚橋が見れて面白かったよ。

第2試合 純なる物

バレクラの重鎮に紆余曲折を経て新日にやってきたテネシーボーイが闘いを挑む。力のロアと技のタマという勝手なイメージを持ってたが、そんなタマちゃん相手にオーエンズは今まで見せたことのないテクニックをバンバン出して追い詰める!

そんなチェーズを慈しむようなタマちゃんの受けに愛……普段は見せないタマちゃんの真摯な姿勢にユニットという籠を越えたものを感じる。

最後はパッケージドライバー中にガンスタンで返すという嘘みたいなカウンターでタマちゃんの勝利!チェーズを称え共に引き上げるタマちゃんの顔は何か決意めいたものが浮かんでいるように見えた。

第3試合 牛魔王退治

手数手数手数!これまで以上に技のスピード感を上げたYOSHI-HASHIラッシュでコブの反撃の機会を奪おうとするも……やっぱ一撃が重い!

もはや顔面トラースキックすらカス当たりのように感じさせる圧倒的ボディに急な丸め込み以外に勝つ方法あんのかと思わされてしまう。

カナディアンデストロイヤーで力使い切ったのかカルマに持っていけなかったのがなー。というかこういう時こそ緊箍児だろと思ったが、コブなら普通に返しそうで怖いよね。

第4試合 白鵬パワー

大好きSANAやんが相手ということもあってかこれまで以上にスムーズな提供が行われる全日ムーブ!相変わらず解説がないと把握できん!

だが今回は正直歴史ある全日ムーブよりも迫力と攻撃力と喜びが詰まった横綱式カチ上げエルボーこそが新のMVPではないだろうか。

いつの間にかすっかりタイチの定番技として定着してる横綱式カチ上げエルボーだが、最強横綱の勝利に対する飽くなき執念が乗り移ったこれはフィニッシャーにも相応しい『格』がグングン育っていて最終的にどうなるか非常に気になります。

第5試合 トラウマ払拭

一気に全盛期のギラつきを取り戻し始めたオカダに迫る闇……反則云々を抜いても元々無敵技扱いだったレインメーカーを綺麗に返した因縁の相手でもある。

そんな過去を吹き飛ばすようなオカダのEVIL!ややこしいがオカダがEVILのEVIL(技)を使うというオカダらしからぬ掟破りでぐうの音……は出そうなもんだがバクステコメントもなしの完勝!一気に優勝レースに乗ってきましたよ!

逆にEVILは……まあオカダ相手ならしょうがない感出るからいいけど……。この調子だとクリーンファイトで会場を盛り上げたタマちゃんとチェーズに介入させながらも負けてバレクラ独立どころか追放も見えてくるよぉ……。

それでEVILリーダーの新ユニットが出来る分には構わないが、そこまでに積み重ねてきた負債がちょっと大きすぎてあの4人で返済できるのかちょっと不安。2冠を逃し、ロスインゴへの逆襲もならず、KOPWも逃し、世界ヘビーも目の前から去り……自業自得では済まされないこの重い運命をいつか跳ね返す日がくるんですかね……。


今日はグッドガイ度:★★★★★
未だに相撲はエルボー反則ではないらしい度:★★★★
やっぱまだ腰は微妙そう度:★★★★