にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

これが『今』の新日本プロレスです!!【G1 CLIMAX 31 2021/10/04 全試合感想】

G1 CLIMAX 31 2021年10月4日 東京・後楽園ホール 全試合 ※視聴無料

後楽園の安心感よ。ちょっと前の連荘はうんざりするくらいだったのに不思議だ……。

第1試合 US vs テキサス

無料公開の日はとりあえず初手棚橋しとけばいいと思ってません!?メインじゃない棚橋もそれはそれで面白いんで全く問題はありませんが。

だけどこれ初新日の人にとってはたまにテレビで見る人となんかいぶし銀の技巧派っぽいベテラン外国人の対決だよなぁ……その人今日メインで闘う2人より年下なんですよ、本当です!信じてください!

しかも若さが欠片も感じられないテクニックから見事に早期決着するもんだから余計にだよ!この1勝はチェーズにとってはG1優勝よりも価値があったろう。


すごかったけどこっから勝つとは思わなんだ……。


他のメンツにもマジで勝てそうだから困る。


この敗北はかなり重い……。

第2試合 SHO灯

離反する気満々じゃん!なんか割と普通に頑張ってる裕二郎はなんなんだってくらい文字通りの暗躍っぷりじゃないっすかぁ!こんなとこで久々のSHOの登場は特に待ってなかったよ!

それにしても邪道の介入を極力控えたタマちゃんとむしろ人数増やしてきたEVILは色んな意味で対照的でなんというか涙が出てきそうになりますね……。

特に試合後の仲直りタイムもないし、これはも決定的な決裂ですね……。


まさかの邪道に拍手が飛ぶ日とは。


完全にリーダー気取りじゃねえか!


EVILが英語わかってなかった可能性。

第3試合 超ぶつかり稽古

超獣と化したコブにかつて勝利したというアドバンテージを持って挑んだタイチだが……これまでのタイチの歴史を吹き飛ばすような暴れっぷりには参るね。

これまでにない全てをかなぐり捨てたようなタイチはよかったが腰を痛めてしまっては必殺のブラックメフィストに持っていけなかったのが見ていて辛かった。

このまま止める人いなかったらオカダと全勝同士でブチ当たることになるが果たして……?


総力戦。


東京ドームで見たいというのはハイそれはもうハイ。


若手を突き飛ばす気力もなく……。

第4試合 勝ってから

今ではすっかり名物コンビとなってる後藤とYOSHI-HASHIだが、いざぶつかれば甘さが一切ない全力勝負でそのギャップに惚れる!

G1である以上どちらかが怪我することになっても恨みっこなし、勝つことこそがプロレスラーの本分であると肉体で伝える2人はなんて儚く暑苦しいの!

特にYOSHI-HASHIの後藤に対する友人であり仲間であり勝つべき目標という絡まりまくって逆に美しいレスラー心が見ごたえあり!こんなんだからYOSHI-HASHIはたまらないんだよなぁ!


プロレスは反則でなければ何をしてもいいのだ。


4敗してるとは思えぬ貫禄。


燃え尽きないでよ!?

第5試合 ライバル

以前から年齢が近いこともあってライバル扱いされる2人だが、戦績とか諸々考えると正直SANADAよりジェイとか内藤の方がオカダのライバルなのではという思いが正直自分の中にあった。

だが今日の試合は間違いなく今の新日でもっともオカダのギリギリに食らいつける男、好敵手に相応しいSANADAだったと思う。オカダ目線で上から目線なのが変わらないのはちょっと悲しいが……。

あとはレインメーカーに有利獲れる技を身に着けるだけだな!スカルエンドは切り返しにはちょうどいいけどオカダ相手だと火力不足が目立っちゃうのが厳しいところ。次のシングルも楽しみになってきたぞ!


オカダのスタミナについていけるSANADAも相当。


しばらく東京とお別れ。


段々調子戻ってきてる。


たとえ1%の希望だとも諦めぬアツさが今のSANADAの魅力。


ミラノさん号泣度:★★★★★
白鵬引退の影響度:★★★★★
イケメンではなかった度:★★★★★