にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

プロレス界のチャンピオンvsプロレス界の白鵬大一番!【G1 CLIMAX 31 2021/10/08 全試合感想】

G1 CLIMAX 31 2021年10月8日 高知・高知県民体育館 全試合

こういうザ・体育館!みたいなところに非日常の塊がプロレスやるって夢見てるみたいでいいよね。

第1試合 ビンタ

今日も今日とてヤングライオン相手に「いってぇーなぁ」程度のテンションであっさり沈めてしまうどこか気だるげなデスペ。

ヤングライオン渾身のビンタもそういうことやっちゃう?くらいの狂気すら感じさせるテンションで立ちインディアンデスロック。勝利は遠い……。


デスペの旨味はあまり出さずに……。


だいぶKENTAのあれを根に持ってらっしゃる。


怒らせるのはちょっと成功したと思うよ。

第2試合 猿回す

驚異的な身体バネを誇るタマちゃんを敢えて好き放題動かし隙間隙間を狙って体力を奪うというYOSHI-HASHIらしからぬクレバーな試合が展開!

難敵タマちゃんの動きをバッキバキになるほど目で追いまるで踊らせるような決着は見事!しかしタマちゃんまだ1勝しかしてないとかこの大チャンスの年にもったいなさすぎる。


肩にテーピングしてるとは思えぬ猛攻。


今回のG1は『ジュニア』が目立つなぁ。


言葉の情緒が不安定すぎる。

第3試合 牛TR

必殺技のデパートと小技のデパートの対決は不思議と格ゲー感があって見やすいなぁ。重さのある後藤の表面を少しずつ削って芯を露出させるような動きがとてもいい。

だが一度波に乗ってしまえば止めようのない後藤の華麗な連続必殺技の前に切り返す暇なくチェーズ轟沈。牛殺しキャンセルからの派生とか普段ももっと使った方がいいんじゃないか!?


隙あらばキラリと光るチェーズ。


後藤のGは頑張るのG。


タナショックが下手なトロフィーよりデカすぎる。

第4試合 圧巻圧倒圧殺

あ、あのどちらかと言えば相手のテンポにある程度合わせるが基本はゆったりリズムのSANADAがガンガン攻めるじゃないか!?

だがそんな普段見せないSANADAのアツさもエンパイア帝国にとってはただの涼風か、スカルエンドもボディプレスも単なる障壁扱いで潰していく様は恐怖でしかないな……。


ほとんどコブの技集じゃねえか!


わかった、ニックネームのセンスが弱点だな。


ほとんどコブの技集じゃねえか!

第5試合 極寒

棚橋の陽が強すぎて、EVILのやることなすこと全てに声も音も出ないの怖いよ!棚橋がお返しの反則してもやっぱ陽が光りすぎてマズいし、早くブーイングしてぇ~。

しかしオカダ以外にはこれで勝ててるって逆に凄いよな……なんか後藤があの恰好するフラグな気がしてきてすげえ不安になってきた!


だいぶ膝の調子よろしくないエース。


まあずっと顔のまんまだとよろしくないというのは理解できる。


なんかもうプロレス人生閉じるんじゃねえかってテンションだよ!?

第6試合 横綱

タイチのギリギリまでの粘りが凄かった!……が、そこまでタイチを追い込み上回ってみせたオカダの横綱相撲よ……トータルだとやっぱオカダすごいになるから卑怯。

オカダがバクステで言った通り拍手の大半はタイチに向けられたものだったんだろうけど、結局オカダのマイクでオカダの空気にされるんだからたまったもんじゃねえな!

それがヒールの生き様と言ってしまえばそれまでだが……これからWTLもあるけど白鵬引退で落ちたモチベをどこまで回復できるだろか……。


この四股踏んでる人悪いお兄さんなんですよ。


実家のような安心感。


格が違いすぎる。


まだ3試合残ってるよ!


キャンセル技はもっと流行らせていけ度:★★★★
ダーク♂寒冷前線度:★★★
もうタイチが次の横綱になろう度:★★★★★