にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

兄より優れた弟は存在しました【WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28 2021/11/19~21 感想】

WORLD TAG LEAGUE 2021 2021年11月19日 長野・松本平広域公園(信州スカイパーク)体育館 第4試合 『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦 バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ VS “キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎

以前G1で同門ながらいつも通りの拷問かましてチェーズを撃破したEVILだが、今回は巨大な用心棒ファレもいるからどうなることやら……と思ってたらいきなりチェーズファレが急襲。やっぱ怒ってたみたい。

ならば遠慮はいらねえといつもの流れで反則に持ち込んで流れを作るのだが、一番のキーポイントである東郷の首絞めがファレの愛され脂肪が気道をガード!いやそこまで太くなったのかファレよ!?

いよいよ化け物としての本領発揮、東郷EVIL裕二郎をまとめて潰す様はかつてコブが見せた無双乱舞の片鱗が感じ取れる。ほんとどういうトレーニング積んだんだよファレ……。

バレクラにしては不穏な……と思って今までの同門対決思い出してみたけど毎回一つはこんな感じの雰囲気あったような気もするな!これで涙の3連敗になってしまったEVIL裕二郎組、SHOとの家族内格差が広がってますね……。

BEST OF THE SUPER Jr.28 2021年11月21日 愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ) 全試合


目下苦戦中の家族たちに比べ試合もバクステコメントもぐんぐんウナギライジングなSHOはBUSHIを迎え撃つ。三次元的な動きでSHOを翻弄しようとするBUSHIだが、これまでのSHOにはなかった反則が入ることで大きくリズムを崩し本調子が出せない。

終わってみればレンチこそ使えど他のヒールもよく使ってる反則ばかりで実質SHOの完勝。介入がないから文句も言いづらいし憎まれっ子がマジの危ない人に成長する過程を見せつけられてるように感じる。



・レモンを絞るかのように ⇒ 唐揚げにレモン
・カッチカチに乾燥させて、ペラッペラに削ってやる ⇒ 鰹節とBUSHIをかける
・死体だけです ⇒ コマンドー

そしてリプとかそういうの見て初めて気づいたけど、なんだこの3日前くらいから色々考えてそうなコメント力は……拷問一家の弱点として挙げられることも多かったバクステコメントのクオリティを一人でぶち上げるこの快挙!

試合も反則の挟み方がうまい具合に間を埋めて攻撃の流れもよくなってるし、ジュニア爆発最後のキーはヒール化したSHOの存在だったとしか思えねえな!なんなら対抗戦でもこのノリのまま挑んで荒らしに荒らして死体コレクションをガンガン増やしてもらいたい。


ここで負けると今後が不安度:★★★
時代が時代ならマジで流血させてそう度:★★★★
市場制圧度:★★★★