にわかによる新日本プロレス日記

プロレス歴史も知らない、技名もそんな把握してない、それでもプロレスは面白いと思った男のブログ

にわプロが選ぶ新日本限定プロレス大賞(2021年)

毎度おなじみ全団体を対象にした割に会社のパワーバランスが透けて見える選考委員がその年の様々なベストを選出していくこの企画。

あくまで一部のプロレス知識人たちが選んでいるだけなのでそこまで一喜一憂するものではないのだが、やはり推しのレスラーが入っていれば嬉しいもの。入ってなかったら悔しい。結果荒れる。

正直新日本しか追い切れていない自分じゃそれ以前の問題なので、ここで勝手に大賞を決めて自己満していきたい。

技能賞 グレート-O-カーン

選考理由:G1で見せた、相手の土俵に乗りながらも時に相手を上回る光を見せた確かな技術力は、オーカーン様が単なる罵詈雑言が得意なオタクレスラーではないことを各所に見せつけた。

敢闘賞 中島佑斗

選考理由:デビュー戦で大怪我というハンデを抱え、さらにレスリングエリートな後輩たちが結果を見せる中でも決してへこたれず、ヤングライオンらしからぬギラついた野心と闘争心を隠そうともしない危険物そのものなファイトを評価。

殊勲賞 チェーズ・オーエンズ

選考理由:初のG1で様々な関係者から評価されているレスリングテクニックを遺憾なく発揮し、ついには棚橋を沈めるという大金星を見せた。KOPWなどにも積極的に絡んでいく貪欲さも素晴らしい。

最優秀タッグ デンジャラス・テッカーズ

選考理由:去年からさらにパワーアップした連携とエモさと説得力はタッグ常連たちを突き放し、彼らでしか見せることのできない新たなタッグの面白さは土下座してでも見せてもらいたくなる至宝である。

ベストバウト 「G1 CLIMAX 31」Bブロック公式戦 YOSHI-HASHI vs EVIL

選考理由:なんか去年もこれ選んだ気がするな!?悪の道にますます磨きがかかるEVILと、人に愛されるだけではなくプロレスの神にも愛されはじめたYOSHI-HASHIによる絶品な勧善懲悪は、オチこそ悔しさが残るものの感情を非常に揺さぶってくれる。

MVP 鷹木信悟

選考理由:試合のクオリティもさることながら、様々なレスラーとの因縁をしっかり回収していく丁寧さと、試行錯誤しすぎてやや混乱している新日本プロレスの凄さを守り切ったその活躍っぷりは万人が惚れる男の中の男でありプロレスラーらしさを体現している。


ということで、2021年を代表する新日レスラーは鷹木信悟でした。